アンケート集計結果レポート 実施中のアンケートへ プレゼント当選者発表へ
第31回「雇用促進・維持のための助成金について」各社の利用状況や、制度に対する意見を大公開!(実施期間:2009年4月22日~2009年5月26日、有効回答数:172名)
この回は「雇用促進・維持のための助成金」について伺いました。助成金とは、一般的に厚生労働省所管で取り扱っている支援金のことを指し、補助金や公的融資と異なり、条件さえ満たせばどんな会社でも貰うことができ、返済する必要はありません。これだけ聞くと、使わないと損とさえ思える制度ですが、今回のアンケート結果では、実際に利用したことがあると回答された方は29%と、非常に低い結果となっています。
利用していない理由の第一位は「必要がないから」でしたが、「知らなかった」「手続きが難しい」という声も多く聞かれました。せっかく出された制度・施策でも、そのままでは分かりにくいことが多く、社労士などの専門家の説明が改めて必要になることが現状少なくありません。もし民間であれば、もっとシンプルに分かりやすいサービスにするとか、説明会を積極的に行なうとか、必要な企業・人が利用しやすい方法を何としてでもとるように思うのですが、行政の対応はこれからといったところでしょうか。
実際に利用された方からコメントも多数お寄せいただきましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。
Q1.雇用促進・維持のための各種事業主に対する助成金を利用したことはありますか?
ある:29%、ない:71%
Q2.Q1で「ある」と回答された方に伺います。利用された助成金は何ですか?(複数回答可)
【1位】中小企業緊急雇用安定助成金:48%、【2位】トライアル雇用奨励金:38%、【3位】雇用調整助成金:22%、【4位】中小企業定年延長等奨励金:10%、【5位】パートタイム助成金:4%
その他の意見
中小企業雇用安定化奨励金
雇用促進奨励金
特定求職者雇用開発助成金
中小企業子育て支援助成金
生涯能力給付金
母子家庭(特定就職困難者雇用開発助成金)
「中小企業緊急雇用安定助成金」と回答された方の理由
大変ありがたい。特に、これまでの助成金のときの対応と違い、支給することが前提であるので、いろいろ親切に教えていただいた。ただ、実際の入金までに3ヶ月以上かかっているので、もう少し早い対応だとありがたい。また、東京の場合当初は助成金センターの職員のみしか内容がわからず、ハローワークの職員では対応できず、いろいろな質問に対しての回答があやふやだった。
国費における助成なのでいたしかたないと思うが、申請手続きの手間が大きい。受給要件が大幅に緩和されたため申請する決断をしたが、従来の基準のままであれば申請時の手間を勘案すると見送っていたと思う。あと、局によって添付資料のボリュームに違いが大きい。申請手続きに違いがあること自体おかしいと思う。
手続きは大変であったが、正直助成金を受けられることはありがたい。
休業だけでの助成金では、実際の人件費にはとても追い付けない。教育訓練を実施して、ようやく足りる感がある。
「トライアル雇用奨励金」と回答された方の理由
申請方法は簡単でしたが、雇用に結びつくには助成金より応募者の経歴等を重視するので他と条件が変わらないように感じました。
手続きが面倒でなく、いくつかの報告書を提出しただけで、奨励金がいただけたので、今後も活用していきたい。
手続きが非常に簡単であり、良い制度であると思う。
以前よりトライアル雇用奨励金を利用させていただいていますが、金額が以前よりも下がっている事が残念です。
「雇用調整助成金」と回答された方の理由
業績悪化の中で貴重な下支えになった。
雇用確保に非常に有効ではあるが、手続きが煩雑である。また、あくまでもつなぎ的なものであり、根本的な景気回復を期待したい。
Q3.Q1で「ない」と回答された方に伺います。それはどのような理由からですか?(複数回答可)
【1位】必要がないため:39%、【2位】申請に必要な労務整備が整っていないため:23%、【3位】該当する助成金を知らなかったため:19%、【4位】手続きが難しいため:16%、【5位】企業規模が該当しないため:15%
その他の意見
今後利用予定
会社都合解雇があったため
受給のための縛りがきつすぎるから
案内は来たが該当しなかった
切羽詰まっていない事もあるが、良くわからない
面倒だから
申請に該当する採用がない
Q4.未申請で、興味のある助成金があれば教えてください。
【1位】雇用調整助成金:31%、【2位】残業削減雇用維持奨励金:24%、【3位】パートタイム助成金:20%、【3位】トライアル雇用奨励金:20%、【5位】中小企業緊急雇用安定助成金:13%
その他の意見
興味なし
手続きが煩雑ではなく、取り組めるものがあればご教示いただきたいです
利用できるものがあればなんでも
切羽詰まっていない事もあるが、良くわからない
派遣労働者雇用安定化特別奨励金
Q5.助成金に関するセミナーや勉強会には参加されますか?
参加したい:17%、テーマによる:64%、参加したくない:16%、その他:3%
Q6.助成金に関してご意見がありましたら、お書きください。
助成制度の中には今まで知らなかったものもあるので、もう少し勉強しようと思いました。
国はどんどん利用してほしいと、規制を緩和していますが、肝心な窓口(役所)対応が悪かったり、不親切だったりします。私が話を聞きにいっただけでも、「はっきりいって、この申請は面倒ですよ」と、なるべく利用してほしくないような雰囲気なので、その状態では、細かい事も質問できなかったので、その辺の意識統一をきちんとしてもらわないと、こちらも積極的に利用できないと思いました。
基本的に有効性が薄い。助成金を受けるメリットよりも、助成を受けるための条件を実施するほうがデメリットになってしまう。
無意味に生き永らえさせるための助成金は廃止していただきたい。技術と経験を持ちながら市場に埋もれている中小企業に対し、その閉ざされた技術を市場に出すルート作りに助成金を使ってほしい。
ただ単に制度を作っているような政策であり、効果に疑問が感じられる。
積極的に利用するのもテクニックの一つとしてあると理解しますが、企業・業務として本来もっとするべき事があるのでは、と思います。
手続きが面倒なものが多いです。もう少し簡素化できるところはして、申請しやすくして欲しいです。
とても良い制度なので上手に利用するべきですね。雇用安定助成金の教育訓練をした場合に更に追加で助成金がもらえますが、皆さんどのような教育訓練をされているのか知りたいですね。
助成金をいただけることはありがたいことであるが、支給要件や基準が変更になることがあり、多少戸惑います。また助成金を知らない企業なども沢山あるのではないかと思いますので、厚生労働省はもう少し助成金についてアナウンスしたり、企業側も敏感になられたほうが良いと思います。
景気回復までには相当の時間を要すると思うので出来るだけ継続してほしい。
現在のところなにも必要としないが、こんなに多くの種類があるとは思わなかった。

▲