アンケート集計結果レポート 実施中のアンケートへ プレゼント当選者発表へ
第25回「中途採用市況について」今の中途採用市況の捉え方や各社の対応について大公開!(実施期間:2008年10月22日~2008年11月25日、有効回答数:586名)
この回は「中途採用市況」について伺いました。連日、非正規社員の雇用調整や人員削減のニュースが流れていますが、中途採用市況について、これまでと「特に変化は感じない」と回答された方が28%で、この設問のトップとなりました。また、「応募者を集めやすくなった」の回答が25%、「良い応募者が減った」の回答が18%となるなど、現在の市況の感じ方は必ずしも一様ではありません。
一方、このような有効求人倍率が低下した状況に対しては「これまで採用できなかったような良い人材を採る好期」と捉えている方が39%あり、「自社の募集計画自体も縮小する必要がある」と回答された方13%の3倍の結果となっています。好況期とは人の動きが違うことは確かです。この状況を静観するか、打って出るか、仕掛けて待つか、各社の思惑や方針をぜひ参考にしてください。
Q1.有効求人倍率が低下しています(8月は2004年9月以来の水準まで低下)が、これまでとの違いを感じられますか?(複数回答可)
特に変化は感じない:28%、中途募集で応募者を集めやすくなった:25%、人材紹介会社からの人材の紹介が増えた:18%、良い応募者が減った:18%、求人をかけなくなったので判断がつかない:17%、派遣会社からの人材の紹介が増えた:14%、アルバイト募集で応募者を集めやすくなった:5%、その他:9%
その他の意見
応募者の数は多いが、質の低下は著しい(専門コンサルタント、シンクタンク)
人材紹介会社、派遣会社の営業さんからの採用状況確認の電話が増えた(流通・小売関連)
中途採用を行っているが応募数に変化がない(建設・不動産関連)
現状、応募者で無職の方の割合が増えた(サービス関連)
採用したい人材かどうかはともかく、人数は集め易くなった(人材派遣)
良い人材が集まる(サービス関連)
HPへの応募が増えた(スキルも高いが年齢が高い方が多い)(専門コンサルタント、シンクタンク)
Q2.Q1の状況に対して、何か対応をとられていますか?(複数回答可)
特に対応しない:55%、採用予算を減らした:11%、募集方法を変えた:11%、求人対象の資格要件を上げた:10%、今まで採用できなかった層の募集をかけている:9%、募集チャネルを絞った:8%、対応策がわからない:5%、採用予算を増やした:4%、その他:6%
その他の意見
対応を検討している(ソフトウェア、情報処理)
年内は様子見(メーカー/総合電機、コンピュータ関連)
求人募集の機会を増やした反面、採用は慎重になっている(医療・福祉関連)
募集チャンネルを広げた(メーカー/機械・自動車関連)
「特に対応しない」と回答された方の理由
会社自体が不景気のあおりで採用予算を減らし人材的にも沢山欲しい状態ではないので現在は静観の状態です。(ソフトウェア、情報処理)
ピンポイント採用を行っているためマーケットの変化は影響受けない。(ソフトウェア、情報処理)
既に十分に高い求人対象の資格要件を設定している為。(ソフトウェア、情報処理)
欲しい人材の質・量は市場に影響はされないと考えているから。売り手市場でも質は落とさずに採用活動をしていた。(流通・小売関連)
応募者が増えたということはあるが、だからと言って要望のない人材を採用することもないし、必要数を採用するだけ。また、その必要数を採用することについて、採用基準(ハードル)を上げたり、下げたりするわけではない。(メーカー/機械・自動車関連)
「採用予算を減らした」と回答された方の理由
一回の募集で多数の応募があるから。(その他)
昨年度の約半分のコストで計画し実際にはさらに半分くらいの進捗率で推移。当然採用数は減だが、離職数も減っている。(サービス関連)
受注案件が少なく、要求条件が厳しくなってきているため、誰でもできる技術は余ってきている。(ソフトウェア、情報処理)
新卒で対応する。(メーカー/機械・自動車関連)
「募集方法を変えた」と回答された方の理由
紙媒体を使っていた営業所でNET広告を使用した。(その他)
今まであまり力を入れていなかったけど、求人票の内容の見直し等しました。(ソフトウェア、情報処理)
netを利用する媒体に募集方法を変更し、30歳前後の人員の募集を開始した。(その他)
ネット媒体では求人出来なかったので、成功報酬型の人材紹介に募集方法を変更しました。(その他)
「求人対象の資格要件を上げた」と回答された方の理由
募集をかけた際「できない人材」ほど、よく集まる傾向にある為、資格要件を上げる、もしくは明確化することにより、実質的な母集団形成を可能にしたい。(メーカー/機械・自動車関連)
今までは各社間での優秀層の取り合いが続いていたが、現在は、即戦力レベルの経験者を引き込む動きへと変化している。(ソフトウェア、情報処理)
「今まで採用できなかった層の募集をかけている」と回答された方の理由
集まりにくかった職種を出しても、それなりの効果が上がるようになっています。(流通・小売関連)
不景気だからこそ、積極的に採用をし良い人材を採用する。(流通・小売関連)
「募集チャネルを絞った」と回答された方の理由
人材紹介での採用活動をメインとし、媒体掲載は控えている。(ソフトウェア、情報処理)
ターゲットとなる質の良い人材が増加しているように感じる為、採用稼動を削減。(通信・インターネット関連)
「採用予算を増やした」と回答された方の理由
好景気の際には応募してこないような方(経験者・意欲の高い方)からの応募が若干数ではあるが増えているため、積極的に募集広告を出している。(建設・不動産関連)
御社との取引を開始しました。現在進行形ではありますが、今までとは違った層からの応募もあり手ごたえを感じています。(サービス関連)
Q3.このような求人倍率が下がった状況をどのように見られていますか?(複数回答可)
これまで採用できなかったような良い人材を採る好期:39%、良い人材ほど動かなくなる:31%、既存社員の定着率が上がる:22%、これまでより自社の採用基準をあげるべき:17%、特に変化はない:16%、自社の募集計画自体も縮小する必要がある:13%、その他:3%
その他の意見
応募者の減少が懸念される(サービス関連)
派遣人員の削減実施予定(メーカー/機械・自動車関連)
量の確保のチャンス(医療・福祉関連)
新卒の優秀層が零れる可能性が高いため、数年後の中途市場に期待が持てる(その他)
Q4.貴社の最も採用したい人材はどのような人材ですか?
20代の経験者:48%、30代の経験者:18%、年齢には拘らず経験者:11%、第二新卒:8%、フリーター:2%、採用予定がない:8%、その他:5%
その他の意見
有能な新卒者(専門商社)
20~30代の若いスタッフ、経験は不要(メーカー/その他)
20代の未経験者(建設・不動産関連)
20代で、経験は無くてもいいので人間的に良い人(建設・不動産関連)
未経験でも、若い人(メーカー/その他)
40代の経験者(その他)
「20代の経験者」と回答された方の理由
まったく未経験ではなく、最低限の社会人としてのマナーを持っている人です。中途採用の場合仕事内容を理解し、弊社について理解した上で応募してくる人が多いのでやりやすいです。30代以上は社内である程度人数が固まっているので若い世代の方を増やしていきたいと思っています。(メーカー/機械・自動車関連)
ベースの技術を持ち合わせた、ポテンシャルを持った20代後半のエンジニア。(メーカー/電気・電子・半導体関連)
2000年~2005年ぐらいにおいて、新卒採用数を絞ったため、20代後半~30代前半の人員が不足している。将来的な人員構成を考えると、多少無理をしてでも今その層を重点的に採用すべきと考える。(メーカー/機械・自動車関連)
研修の結果はやはり、30代よりも20代の方が良いから。(その他)
営業所員全体の平均年齢が若く、他の営業所員の年齢バランスを考えた場合、20代の方を希望している。業界が特殊な業界であるため、営業経験があったとしても、前職までの営業スタイルが確立されている方だと戸惑うことも多く、20代の経験者の方が柔軟に対応することが出来るため。(メーカー/医薬・医療機器関連)
「30代の経験者」と回答された方の理由
考え方の凝り固まっていない20代半ばくらいまでの人材も必要ではあるが、経験・年齢構成比を考えると、30代後半のマネジメント経験者を採用したい。(建設・不動産関連)
プロジェクト・リーダーを任せられる人材。(ソフトウェア、情報処理)
とにかく経験者。しかし部署の年齢構成ピラミッドを考えると、35歳頃までか。(メーカー/電気・電子・半導体関連)
中途採用の本質である「即戦力」とは、20代では少々経験不足の感がある。30代が最も「即戦力」に近いと考える。(メーカー/機械・自動車関連)
対応・言葉使いが重要なので経験則から30代が安定していると感じているため。(サービス関連)
「年齢には拘らず経験者」と回答された方の理由
海外展開が今後の成長フロンティアと捉えているので、その経験を有している人材が必要。それには年齢は関係ない。(メーカー/素材・化学関連)
課長候補者等のスキルを対象に募集する予定。(メーカー/電気・電子・半導体関連)
弊社では、シニア技術者も募集しているので、年齢を問わず経験者を必要としています。(サービス関連)
「第二新卒」と回答された方の理由
一度就職を決めたものの、「自分がやりたいことは●●である」と再認識し、意欲高く業界や弊社を希望する方とのご縁があればと考えています。(サービス関連)
他社経験が活かしにくい(経験則が反って成長を阻害)職種なので、新卒者に近い年齢層を採用したい。(サービス関連)
弊社の営業職は未経験者のほうが大歓迎なので、基本的な社会人マナーが身についていると判断できる第二新卒は理想的。(建設・不動産関連)
「フリーター」と回答された方の理由
未経験でも活躍可能な研修を設けている職種(OP)なので、正社員の転職というよりかはフリーターで真剣に働きたい方をターゲットとしています。(通信・インターネット関連)
アルバイト雇用が大部分です。社会保険加入の時間給制のアルバイトで、8時間×5日/週によるシフト制勤務。(流通・小売関連)
経験の有無にとらわれず、弊社のカラーを大切にしている。(建設・不動産関連)

▲