アンケート集計結果レポート 実施中のアンケートへ プレゼント当選者発表へ
第24回「人材紹介会社について」人材紹介を利用した理由、今後利用したい人材紹介会社のタイプを大公開!(実施期間:2008年9月24日~2008年10月21日、有効回答数:525名)
この回は「人材紹介会社について」伺いました。「利用している」と回答された方が41%。利用の目的では「公募では採用できないようなキャリアの人材を求めているため」が1位となり、前回(2007年)調査時に1位だった「採用確率を上げるため(公募も行なった)」は前回より11ポイントダウンで2位。昨年の売り手市場で必要な人材の確保が最優先だった状況から、採用ニーズはあるものの、質に拘る企業姿勢の変化が伺われる結果となりました。
また、今後声をかけたい紹介会社も、「良い担当者がいる」「自社を熟知している」が2位、3位となり、紹介会社の質への拘りも強くなっているようです。
今回いただいた人材紹介会社に対するご意見・ご要望は、弊社とお取引のある370社の紹介会社に伝えます。ありがとうございました!
Q1.貴社では現在人材紹介会社を利用していますか?
利用している:41%、過去に利用したことはあるが現在は利用していない:33%、今まで利用したことはない:26%
Q2.Q1で「利用している」と回答された方に伺います。何社くらいをご利用ですか?
1社のみ:18%、2~3社:46%、4~5社:16%、6~10社:10%、11社以上:10%
Q3.Q1で「利用している」と回答された方に伺います。人材紹介会社を利用した理由は何ですか?(複数回答可)
公募では採用できないようなキャリアの人材を求めているため:50%、採用確率を上げるため(公募も行なった):47%、成功報酬なのでコストリスクがないから:39%、公募で採用できなかったから:29%、以前人材紹介を利用して成功しているから:19%、マンパワー不足で公募は行なえないため:9%、募集することを社内外に知られたくないため:4%、会社の方針:3%、その他:6%
その他の意見
急なオーダーで、求人広告を掲載する為のスケジュールが取れない。
紹介会社主催のセミナーを実施できるから。
ピンポイントで求めている人材が集まるから。
スクリーニングできるため求める人材像に合った人材を絞り込めるから。
採用人員が少人数のため。
人材紹介会社そのものをコネで紹介され、やむなく。
Q4.Q1で「利用していない」と回答された方に伺います。それは主にどのような理由からですか?(複数回答可)
採用した際のコストが高くなるから:52%、求人サイトで採用できるから:41%、職安で採用できるから:23%、人材募集自体を行なっていない。:18%、求人誌で採用できるから:14%、以前人材紹介を利用したが成果がなかったから:13%、採用できるレベルが公募と変わらないから:11%、会社の方針:10%、信頼できないから:6%、依頼しても紹介されない・決まらないから:4%、その他:10%
その他の意見
人材に値段をつけているようで抵抗があるため。
今まで新卒のみで行ってきた。
(財)産業雇用安定センター・派遣会社の活用、コストが不明。
特殊な人材を求めているから。
応募者の当社への志向性が本当に強いのか確認できない。
欲しい具体的人材像が担当者に伝わらない。
自社サイトで採用できるから。コストに見合った人材とは限らないから。紹介が多すぎて、対応が煩雑だから。
Q5.今後紹介を依頼するとしたら、どのような紹介会社に声をかけますか?(複数回答可)
求める人材を既に登録者として抱えている:60%、良い担当者がいる:57%、自社を熟知している:50%、求める人材をサーチ・ハンティングできる:37%、専門特化型:27%、過去に取引実績がある:19%、コンサルティングレベルが高い:17%、知名度がある:11%、規模が大きい:7%、若手:3%、老舗:1%、その他:8%
その他の意見
手ごろ感のある手数料、信頼のおける担当者&会社。
候補者がいなくても、その旨連絡(報告)を出す会社。(これが無い会社が意外に多い。)
紹介料が定額制の会社。
キャリアアドバイザー等のレベルの高い会社。
法律を守っている会社。
紹介会社には多くを期待しないので、1つの案件に対し30社くらい声をかけます。
出来れば使いたくはないが、使うとすれば紹介行為に社会的貢献を求めている会社。
法令遵守・コンプライアンスのしっかりした会社。
Q6.人材紹介会社に対するご意見・ご要望がありましたら、お書きください。
求める人材の該当者がいないと、連絡が無くなってしまう。そのような状況になると、他の会社に依頼しようかと考えるので、月に1回位は何らかの方法で連絡(電話やメール等)が欲しい。(ソフトウェア、情報処理)
闇雲に紹介するだけでなく、少なくとも会社に興味を持っていただいた方に応募していただきたい、と考えているので、候補の方にも会社概要や仕事内容は丁寧に伝えていただきたい。そのための打ち合わせ時間は惜しまないので。時々、ダイレクトにFAXやメールで人物紹介書を送ってくる会社があるが、正直効果があると思えないし、個人情報の取り扱いが不安になる。(サービス関連)
営業の方は、紹介先の業界についてきちんと把握をしていただきたいです。説明したとしても、的外れな紹介をしてくる担当者の方もいらっしゃるので。少なくとも営業であればそれくらい理解するのが当然かと思います。(流通・小売関連)
スキルのマッチングより、マインドのマッチングの重視傾向が今後重要となると考えるので、その点に関し何らかの対策をとる考えが必要かと思います。(建設・不動産関連)
人材紹介会社もたくさん売り込みがあるがいざ依頼をかけても人材があがってこない、とりあえずという人材ばかり紹介されるなど、当社のことを、まずは人材紹介会社に知ってもらう取り組みも必要だと感じる。(専門商社)
こちらの要望に対して早い回答がある会社が良いです。求める人材がいないならいないで、状況の連絡は早く欲しいと思います。(ソフトウェア、情報処理)
当方のニーズをキチンと捉え、適切な人材を多く紹介してくれるところと付き合いたいし、新たに取引を開始したい。(専門コンサルタント、シンクタンク)
最初に紹介していただく方が会社の顔になります。なるべくミスマッチのないように人選していただけたらと思います。(メーカー/機械・自動車関連)
担当者によって一生懸命の度合いが違いすぎる。基本に立ってヒヤリングをきちっとしてくれる担当者と、紹介会社としての人材サーチの幅の広さを兼ね揃えている会社でないと、採用までの道のりは紆余曲折が起きそうな気がします。また、弊社はIT業界であるが、こちらから紹介会社に電話で当たると担当をたらいまわしにされたり、何度も同じ話をしなければならない事が多かった。こういう会社は人材を扱う会社としては甚だ疑問を感じざるを得ないので、社内教育をきちっとしてほしい。(サービス関連)
人材紹介は、「どこでも同じ感じ」というイメージがあります。もっと差別化して特色のある会社がいいと思います。担当者も個性的な人に魅力を感じます。(流通・小売関連)
紹介フィーを下げて欲しい。もしくは選考時に確認した本人スキルが不十分でミスマッチとなったときの保証料の支払い対象期間を長くして欲しい(せめて半年)。(専門商社)
こちらが欲している人材のスペックに対して、到底足りていなくても書類選考をさせるような会社もあり、人材紹介会社を使っているメリット(人材選定の手間を省く)が感じられない企業も多い。それを生業としている企業であれば、サービスを自社内でワンストップで提供するように徹底して欲しいと感じる。(メーカー/機械・自動車関連)

▲