人事・採用・労務情報TOP
会員登録のご案内
ログインはこちら
事務局へのご連絡はこちら
0120 - 953654
平日・土日祝10:00~19:00
21ブラボー
0イマイチ
活躍できる人材の見極めに!
適性検査「3Eテスト」活用法
40
どうやって部下に指導、育成したら良いかわからない…
効果的に社員を育成できる適性テスト活用法

人材不足による採用状況が続く中、多くの企業が採用活動を強化することに加え、今いる社員の育成をすることで、組織を成長させようとすることが増えています。

人材育成において多く伺うのが「どのように部下を指導したら良いかわからない……」、「育成によってすぐに成果を出せる部下と、伸び悩む部下の違いがわからない……」といったお悩みの声です。

人材育成を効率的、かつ効果的に行うためには、個人の性格特性や価値観などの特徴を把握し、一人ひとりにあわせた指導を行うことが必要です。

適性テストによって個人の特徴が把握できるため、その結果を用いることで効率的かつ効果的に指導・育成を行うことが可能になります。今回はその活用事例をご紹介します。

「3Eテスト」無料トライアル実施中!
3Eテストの無料トライアルご希望の方はこちらよりお申込みください。
詳細・お申し込みはこちら!
実例紹介
EC・Webマーケティング会社での取り組み
課題
マネージャー層の人材育成スキルを高めたい
・事業成長、事業拡大に伴い社員数も増えたが、その分マネージャー層が不足している
・研修などでマネジメントスキルを身に付けさせているが、人によって成果にばらつきがある
・社員一人ひとりの特徴を把握することで、指導・育成の効果を高めたい
改善
内容
適性テストの結果を用いて、個人の特徴にあわせた指導・育成を行う
この会社では採用選考時に応募者に対して適性テストを実施しており、採用した社員の受検結果データが蓄積されていました。そこでテスト受検結果データを用いて社員一人ひとりの特徴を把握し、その特徴にあわせた指導・育成を行うようにしました。
社員の指導・育成への適性テストの活用法
適性テストは採用時の見極めに使用できるだけでなく、入社後の指導・育成にも活用できます。
1.社員の特徴把握
適性テストの結果から社員の性格や価値観、コミュニケーション上の特徴、ストレス耐性の高さが把握できます。これら内面の要素は、普段のコミュニケーションだけでは把握しづらいため、客観的なデータとして確認するのが有効です。
2.特徴にあわせた指導・育成
性格や価値観などの特徴は一人ひとり異なります。自ら進んで仕事に取り組む傾向の持ち主もいれば、周りの状況に合わせながら仕事を進める傾向の持ち主もいます。特徴にあわせた指導・育成を行うことで、個人の特性を活かすことができ、成果を上げやすくなります。
3.指導・育成上の注意点の把握
個人の特徴は上手く活かすことで成果を上げやすくなる一方、成長を阻害する要因になりうることもあります。指導・育成上の注意すべき点も把握することで、個人の成長の阻害を防ぐことができます。
テスト
活用法
適性テストの結果で特徴を把握し、性格特性にあわせて指導・育成
適性テストの結果から一人ひとりの特徴を把握し、性格特性にあわせた指導・育成を行うようにしました。

●性格特性の主体性が高く、協調性が低い社員

【特徴】
自分の意志で判断し、自ら積極的に行動する姿勢を強く持っている。一方でお互いに支援し合うことを避け、周囲に配慮することなく、ひとりで行動しようとする傾向がある。

【指導・育成時のポイント】
本人が意志を持って、目標に向かって主体的に行動するため、基本的にはまずやらせてみる。その中で周囲への配慮が欠けることがありうるため、周囲が理解・共感しているか確認させ、改善行動をとらせるようにする。


●性格特性の協調性が高く、主体性が低い社員

【特徴】
周囲と協働する事で目標達成を目指す姿勢を持ち、チームワークや和を大切にする。一方で変化よりも安定を好み、新しいことや先が見えないことに対して臆病になる傾向がある。

【指導・育成時のポイント】
具体的に5W1Hによる指示を行い、定期的に報告をさせるようにする。本人任せにすると仕事が止まる可能性があるため、業務を5W1Hで組み立てさせたり、業務の改善点を定期的に報告させる機会などを作ったりする。


●性格特性のいずれの項目も平均的な社員

【特徴】
周囲に合わせることもでき、また周囲からも受け入れられやすい。ただ、中庸であるがために強みを伸ばすことや弱みを改善するなどの成長行動に結びつかない場合もある。

【指導・育成時のポイント】
意図的に挑戦的な業務目標や高い成長目標を立てさせ、業務を通じて周囲との関係性の中で自分の強みを伸ばしたり、弱みを改善したりできるよう、働きかけていく。
改善
効果
指導・育成の効果が改善。社内コミュニケーションも活性化。
適性テストの結果を活用した指導・育成により、社員一人ひとりの特性が発揮され、仕事で成果を生み出せる様になりました。

また上司が部下の特徴を把握した上でコミュニケーションが取れるようになったため、社内が活性化し、社員の定着率も向上しました。

今後のリーダー層のさらなる育成、成長のため、上層部にも適性テストの結果を用いた育成を行ってもらい、組織全体を強化、成長させていくとのことです。
まとめ
適性テストを活用することで社員の指導・育成の効果を高めます。
エンカレッジの講座内で「マネジメントの目的は利益を生み出すこと。そのために、人・モノ・金・情報・時間などの経営資源を効率的かつ効果的に活用すること。」とお伝えしています。

適性テストによって一人ひとりの特徴を深く把握し、個人の特性を活かした指導・育成を行うことで成果を上げやすくなり、効率的かつ効果的な育成を実現させ、人という経営資源を十分に活用することができるようになります。

今回は適性テストの性格特性の結果を用いた指導・育成のポイントをご紹介しました。他にもコミュニケーション力やストレス耐性、エネルギー量の結果を用いることで、より詳細に個人の特徴を把握し、指導・育成での効果を高めていただけます。

これらの活用法、活用事例にご興味がありましたら、お気軽に担当営業、または事務局までお問い合わせください。
課題解決に役立った適性検査はコレ!
活躍できる人財を発見する。見極める。「3Eテスト」 3Eテストは、1987年からの販売実績で導入企業6,000社以上。
独自の検査項目で、「これからの時代に求められる人財」の採用成功を支援。
分かりやすい結果表示と短い検査時間で、採用担当者の手間を軽減します。
3E-IP 知能+性格・価値観テスト
3E-IPは、短時間で「求められる人財」を発見し、見極められるテストです。
学校名や入試偏差値に依存しないビジネスに必要な知的能力、
そして面接では分かりにくい性格やキャリアに対する価値観を測定します。
3Eテストの特徴
  • 結果が実践的!また定量的で分かりやすい!
    文部科学省や日本経団連のアンケート結果「選考で重視している点」や経営者人事担当者の声を反映した診断項目。偏差値・得点表記により定量的かつ分かりやすく理解できる内容になっています。
  • テスト時間約35分!
    実施企業と受検者の負担を軽減。一般的な学力検査・適性検査では、1時間以上の受検時間を必要とします。工夫された問題や出題形式で、短時間を実現しています。
3Eテストの活用例
  • 『求める人財』の発見・見極め
  • 人財の配置
  • 採用業務の効率化
  • 社員のストレスケアなど
「3Eテスト」無料トライアル実施中!
専用フォームからお申込み可能!応募は今すぐ!
お申込み・お問い合わせはこちら
※営業担当へのご連絡も受け付けております。
会員登録(無料)