1分で読める!統計データ

若手社員の早期退職。防ぐためには何をすべき?【社員の定着対策に関する調査】

図は、厚生労働省が2009年・2013年に調査した「若手社員の早期退職を防ぐため、企業が実施している対策内容」です。


▼具体的に、どんな対策を行っているのでしょうか。上位3つの対策をご覧ください。
【1位】職場での意思疎通の向上
社内のコミュニケーションを活発にして、上司・同僚と忌憚なく話ができる。そんな働きやすい環境を作ることで、若手社員の定着を目指す企業の姿が見えてきます。

【2位】本人の能力・適性に合った配置
次点は、若手社員のモチベーション向上にも繋がる配置。若手社員に能力・適性を把握し、合う仕事にチャレンジさせることで生まれる、高い成果への期待も感じ取れます。

【3位】採用前の詳細な説明・情報提供
2009年の調査時には45.2%。2013年では52.1%と、最も上昇した対策です。その背景には、若手社員に多い「面接で聞いた話と、実際に入社してからの仕事が違った...」という退職理由がありそうです。面接段階から実情に合った会社・仕事の情報提供を増やし、正しい理解を促すことで、定着に繋げようとする企業の思惑が考えられます。


▼若手社員の早期退職を防ぐために、何をすべきか?
若手社員の退職を防ぐ鍵は、「入社前の説明」、「職場環境の向上」、「適材適所の配置」にありそうです。まだ対策を打っていない場合は、上記を参考に、施策を検討してみてはいかがでしょうか。


[参照]
厚生労働省 平成25年若年者雇用実態調査
表11 雇用形態、若年労働者の定着のために実施している対策別事業所割合
ココが
ポイント!
【石の上にも3年、は通用しない!?】今の会社で我慢を続けるなら、早めに他社に転職したい。そんな若手社員が増える昨今。彼らが納得いく説明や、環境について対策を打つことが、一層必要になっていきそうです。

▲