1分で読める!統計データ

有効求人倍率(2014年8月) ※2014年9月30日公表

2014年8月の有効求人倍率(季節調整値)は、6月、7月と同水準である【1.10倍】となりました。22年ぶりの高水準である【1.10倍】を6月より維持しています。

▼都道府県別ランキング上位5位 ※( )内は前月比
1位… 東京都/1.62倍(±0)
2位… 愛知県/1.52倍(-0.01)
3位… 福井県/1.45倍(-0.04)
4位… 岡山県/1.41倍(-0.08)
4位… 福島県/1.41倍(-0.02)
5位… 石川県/1.36倍(+0.06)

最下位となったのは、沖縄県と鹿児島の0.74倍でした。

[参照]
厚生労働省 一般職業紹介状況(職業安定業務統計)※有効求人倍率(実数及び季節調整値)より 
※平成26年(2014年)8月分 (2014年9月30日公表)
ココが
ポイント!
【全国上位5県は前月比±0、もしくはマイナス傾向】上位県ではなく、下位県などがプラスに転じ、全体で率を引き上げたということ。前月に比べて全国的に「採用しづらくなった」という意識を持つようにしましょう。

▲