【PAGE3】30代の求職者における『会社選び・仕事選びのポイント』とは?
続いて30代編をご覧ください。
Q.会社選び、仕事選びの際に気をつけていることがあれば、お教えください。
30代
【第1位】 働きやすい環境かどうか。(会社の評判、社風、給与・待遇など)
  • 「面接官の対応がいいかどうか。感じ良く接していただけると、会社のイメージも良い」(33歳/女性/事務)
  • 「年収重視。家庭を持っており、年収を下げることができません。また無理せずに働き続けるためにも、過度な残業や休日出勤がない会社を選んでいます」(38歳/男性/広告ディレクター)
  • 「やりたいことが出来る会社でも、上司や同僚との相性が悪ければ長期間続けるのは難しいと思う」(31歳/男性/営業)
【第2位】 経験・スキル・知識が活かせるか。
  • 「職歴を踏まえ、自分にマッチする仕事かどうか慎重に選ぶ。出来れば長く働きたい」(34歳/男性/サービス関連)
  • 「同業種でも仕事の進め方が違うことは多い。求人情報の取引先から業務をイメージする」(37歳/男性/営業)
  • 「仕事内容の説明が具体的に記載されているかどうか」(女性/34歳/サービス関連)
【第3位】 将来性や安定性のある企業か。
  • 「企業規模、会社の安定性、業界の将来性を調べる」(32歳/男性/製造関連)
  • 「面接にて、経営層から将来の展望を確認するようにしています」(35歳/男性/土木関連)
  • 「企業理念がしっかりしている会社は安定的に成長するイメージがある。また、その理念が社内に根づいているかも見ていく」(38歳/男性/サービス関連)
30代になると、20代と比較し「スキルアップ・キャリアアップ」を重視する求職者は減少。結婚して家庭を持つ求職者も多くなるためか、給与や待遇、職場環境においても、よりリアルな情報が知りたいという傾向が強まりました。

「将来性/安定性のある企業・事業内容か」といった声が多いのも、「もう何度も転職はできない」「できるだけ1社で長く働きたい」という心理の表れとも言えるでしょう。