【PAGE5】男女別で転職理由はどう変わる?
このページでは、転職理由を男女別に見ていきます。年代別と同様、1位~5位をピックアップし、比較してみましょう。
【転職理由(性別)】Q.現在、あなたが「転職を考えている理由」として最も当てはまるものをお選びください。(1つのみ回答)
【男性】給与に不満がある:16.6%、会社の将来に不安がある:16.4%、会社都合(リストラ・事業縮小など):9.5%、会社の考え・風土が合わない:8.3%、職場の人間関係がよくない、上司や同僚と合わない:7.2%
【女性】雇用形態を変えたい:14.4%、給与に不満がある:13.5%、職場の人間関係がよくない、上司や同僚と合わない:9.2%、会社の考え・風土が合わない:7.5%、勤務時間・休日休暇に不満がある:6.9%
男性の転職理由第1位が「給与に不満がある」だったのに対して、女性の転職理由第1位は「雇用形態を変えたい」と男女間で差が見られました。次点以降も、男性は「会社の将来に不安がある」「会社都合(リストラ・事業縮小など)」と企業の経営状況を挙げている方が多いのに対し、女性側ではこの2項目は5位以内にランクインしておらず、「人間関係」の問題が上位にランクインしています。置かれている状況などの違いから、男女間で転職心理に差が見られるようです。
「業界別」「年代別」「男女別」に細分化し、転職理由を比較した今回の特集、いかがだったでしょうか。転職理由は裏を返せば、次の転職先を志望する理由につながっていきます。採用難易度が上昇している今、転職者心理の変化をいち早くつかむことが、採用上のアドバンテージになるはず。次回の総力特集では、「転職の際、重視すること」や「仕事選びの際に気をつけていること」などのアンケート結果を公開予定です。ぜひ、次号もご一読ください。
さらに詳しく採用市況を知りたい、採用にお困りの方はこちら
お問い合わせ