転職意向者5000人が答えた 『転職者心理 2013 ~転職理由編~』 【PAGE1】Introduction
採用難易度は上昇中!転職者心理に変化は?
エン・ジャパンでは、現在転職活動を行なっている転職意向者5955人に「転職に関する意識調査」を実施。今回はその中でも「転職理由」にフォーカスし、今現在の転職者心理を考察していきます。

詳しいデータを見ていく前に、現在の求人市場について把握しておきましょう。以下は、求人情報等に関する調査研究を行なう「全国求人情報協会」が発表している「求人広告掲載件数」の集計結果です。主要な有料求人情報誌、フリーペーパー、折込求人誌、求人サイトを調査対象としており、求人数を把握するためのひとつの指標となっています。
DATA.全国求人情報協会調べ:求人広告掲載件数(2011年4月 ~ 2013年8月)
「求人広告掲載件数」の集計結果を見ると、求人件数は右肩あがりで増加傾向となっています。最新データである2013年8月では前年同月比29.5%を記録。この総力特集の前号においても、有効求人倍率が上昇を続けていることをお伝えしましたが、ここ数年は徐々に求職者にとって転職先の選択肢が増えており、企業にとっては採用が難しくなっているという状況にあると言えます。

そんな中、転職者心理はどのように変化しているのでしょうか。次のページから詳しく見ていきましょう。