【PAGE2】2013年、各社の採用人数は増える?減る?
ここからは、各社が2013年、どのように中途採用を行なう予定なのかについて紹介していく。まずは採用予定人数について見ていこう。
Q.2013年の中途採用予定人数は、2012年と比べどう変化しますか?
増やす予定:33%、減らす予定:13%、変わらない:54%
「採用予定人数は2012年と変わらない」という回答が最も多く全体の54%。次いで「2012年よりも増やす予定」という回答がつづき33%、「減らす予定」と回答した企業は全体の13%だった。

「2012年よりも増やす予定」と回答した企業、「減らす予定」と回答した企業の理由をそれぞれ見ていこう。
Q.「2012年より増やす予定」と回答された方に伺います。(複数回答可)採用予定人数を増やすという判断に至った理由は何ですか?
既存事業の強化:79%、需要の拡大:27%、新規事業の立ち上げ:18%、退職者の増加:17%、海外進出・海外展開の強化:11%、取引先の業績回復:3%、その他:8%
その他と回答された方の理由
  • 新卒採用を控えていたため。
  • 現状最低補充人員を確保できていないから など。
最も多かった回答は「既存事業の強化」。次いで「需要の拡大」となった。新規事業や海外進出といった攻めの施策よりは、既存事業の強化や需要拡大への対応など守りの施策が増員の背景となっているケースが多いようだ。

それでは、反対に「2012年より採用人数を減らす予定」と回答した企業の理由も見てみよう。
Q.「2012年より減らす予定」と回答された方に伺います。(複数回答可)採用予定人数を減らすという判断に至った理由は何ですか?
2012年の採用における人員充足:46%、既存社員の定着率向上:15%、新卒採用の積極化:8%、採用予算の削減:8%、その他:31%
その他と回答された方の理由
  • 厳しい経営状況のため
  • 2013年の景気を見越して
  • 社員育成など組織強化に注力するため など。
こちらは「2012年の採用における人員充足」が全体の46%を占めた。またその他の回答も多く、「厳しい経営状況のため」「2013年の景気を見越して」「社員育成など組織強化に注力するため」などの声が聞かれた。