【PAGE5】求職者は企業のココを見ている!会社選びで気をつけるポイントは?
このページでは、「会社選びをする際に気をつけているポイント」について、求職者のリアルな声をご紹介しよう。
【Question】求職者へのアンケート 会社選びで気をつけているポイントは?(年代別)
【20代】
  • “この会社で一生働いていけるか?”という観点で見ています。“この仕事は知識が身につきそうか” “どんな風にキャリアアップできるのか” “福利厚生は整っているか”などの情報を重視していますね。(26歳/男性/営業)
  • 会社のネームバリューよりも、面白い仕事ができそうかどうか、一緒に働く社員と馴染めそうかという点が大事です!(23歳/男性/企画)
  • 面接では社員の方の表情を見ています。面接官の方は素敵でも、廊下ですれ違った人が暗い表情だと気になりますね。社員がイキイキと働いている会社で働きたいです。(29歳/女性/営業)
  • 求人票には会社の良いところしか書かれていないと思うので、出来るだけ情報を集めるようにしています。インターネットのクチコミは必ずチェックしています。(28歳/男性/SE)
【30代】
  • 気をつけているのは、業界の将来性です。伸びるマーケットなのか、縮小していくマーケットなのか。また、ホームページなどに会社の経営戦略が明確に書かれていると好印象ですね。(34歳/男性/営業)
  • 残業時間がどのくらいあるのか。残業手当はしっかりと付くのかに注目しています。(30歳/男性/小売)
  • 子供がまだ小さいので、ある程度近場で探しています。仕事も妥協をしたくないので、派遣で好きな仕事をしつつ、経験を積み、自分の希望する職業で正社員になることを目指しています。(31歳/女性/クリエイティブ関連職)
  • 求人票に記載してある給与は「月収」だけで判断しないように気をつけています。賞与があるかないか、手当はどのくらい付くかを考え、「年収」に着目するようにしています。また休暇制度などは制度が整っているかだけではなく、それらの制度が活用されているかが気になります。(36歳/女性/販売)
【40代・50代】
  • 自分の経験、資格が活かせる仕事かどうか。(47歳/男性/金融)
  • 会社の経営層がどのような考え・理念で事業を展開しているかは気になる。価値観が合わなければ、やはり続けることが難しいため。(51歳/男性/管理部門)
  • 働き甲斐を持てること。これに尽きます。(58歳/男性/メーカー営業)
  • それを知ることは大変難しいことなのですが、気持ちよく働けることが一番ですので、やはり一緒に働く人たちの人柄や、仕事に対する情熱が最終的なポイントかと思います。(45歳/男性/専門職)
仕事内容や職場環境に理想を求める20代。着眼点がより現実的になる30代。仕事にやり甲斐を求める傾向が強まる40代・50代。各年代のコメントからこのような印象を持った。いずれの年代にも共通していたのが、詳細な情報を求める声。気になる企業があれば、求人情報だけでなく、さまざまなツールを用いて情報収集するというコメントが目立った。会社情報や仕事内容、職場環境などより多くの情報を提供することが、求職者を惹きつけたり、志望度を高める近道かもしれない。
採用に関するご相談はコチラ
お問い合わせ