【PAGE4】志望度、成長意欲、向上心を、どう見抜く?
志望度や成長意欲、向上心は、入社後の早期戦力化~活躍を目指す上で重要なファクターになり得る。特に未経験者を採用する際は、ポテンシャルに期待しての採用となるため、重要なポイントとなるだろう。

当社についてどの程度、ご存知ですか?


また、どのようなイメージをお持ちですか?

質問の意図

業界や会社について、どのくらい調べているかを見るための質問。会社について自分なりの見解を持っている人は企業研究をしっかり行なっていることが多い。

他の応募者ではなく、あなたを採用するメリットは何だと思いますか?

質問の意図

他人と比べて何が秀でているのか、ストレートに聞いてみる。応募者の強みや特徴が分かることはもちろん、志望度の高低を把握することにも役立つ。

弊社があなたに提供できて、前職の会社が提供できなかったものは何ですか?

質問の意図

志望動機を問う質問。さまざまな角度から質問することにより、より応募者の本音を把握しやすくなる。会社に何を期待しているのか、転職によって何を成し遂げたいと思っているのかを知ることができる。

前職で、ご自身が成長したと実感した瞬間はありましたか?また、それはどんな時でしたか?

質問の意図

自分自身の成長を自覚できる人は、成長意欲のある人材であることが多い。また、どのような点にやり甲斐を感じる人材なのかも分かる。

仕事に限らず、恒常的に学んでいること、勉強していることはありますか?

質問の意図

学習意欲があるか、また学習の習慣がついているかを把握するための質問。具体的にどのくらいの頻度で、どのように、何を学んでいるかを聞きたい。

社外の人脈は豊富ですか? 社外の人との交流はありますか?

質問の意図

成長意欲や向上心のある人は、社内だけでなく社外の人脈をつくり、情報交換や勉強をしているケースが多い。またこの質問から「社交性」も垣間見ることができる。

働くうえで、あなたのモチベーションを高めるものは何ですか?また、何があなたのモチベーションを下げますか?

質問の意図

自分自身でモチベーションを高められる人材なのかを見極めるための質問。同時に、募集職種とのマッチ度や、上司との相性なども見ることができる。