辞退の心理2012 【PAGE3】面接前?面接後?内定後?辞退はいつ起きる?
このページでは、どのタイミングで辞退が起きているのかを見ていきたい。まず、辞退がどのタイミングで起こりうるかを整理しておこう。
一般的な選考の流れ(一例)と辞退が発生しうるタイミング
一般的に「辞退」は、選考を通過している過程で起こりうる。つまり、最初の選考活動である「書類選考」を通過して以降に発生することになる。上記のような一般的な選考フローの場合、辞退が発生しうるタイミングは上記で示した[1]~[3]の3つのタイミングに大別できる。

では、今回「辞退したことがある」と回答した転職者は、どのポイントで辞退をしたのだろうか。その割合を見てみよう。
どのタイミングで辞退をしましたか?
「辞退したことがある」とした転職者のうち47%の転職者が「面接以前に辞退したことがある」と回答している。「面接後の辞退」は46%、「内定後の辞退」は39%となった。2010年の同様の調査と比較すると、辞退の発生タイミングにそう大きな変化はない。ただ、2012年のほうが「内定を受けた後の内定辞退」が増えた結果となった。

それぞれの理由とその傾向については、次回の特集「辞退の心理2012 後編」にて詳細に分析していく。