【PAGE5】CASE4 短期&効率的な採用成功を目指すなら!スカウト積極利用のススメ

【スカウトとは?】

『[en]社会人の転職情報(現:エン転職)』に登録している求職者のうち匿名でWEB履歴書を公開している求職者に対して、求人企業が直接メールを送信できるサービス。経験職種、希望勤務地、希望年収など、さまざまな項目で人材データベースを検索し、ターゲット人材を探すことができる。この機能により、求人広告からの自主的な応募を「待つ」だけでなく、ターゲット人材に主体的にアプローチする、「攻めの採用」が可能になる。
採用ターゲットが明確で、採用ターゲットへの適切な不安払拭やメリット提示がされている求人広告が完成したら、「スカウト」を利用しない手はない。採用ターゲットにダイレクトに呼びかけ、応募を促すことができるからだ。

このページでは、スカウトを利用し、見事採用成功を果たした事例をいくつかご紹介しよう。
「採用成功ケーススタディ」をもとに、求人広告制作のポイントを探った今回の特集、いかがだっただろうか。有効求人倍率が高まる中、確実に採用成功をするためには、やみくもに「応募数」を集めようとするのではなく、“面接したいと思える人材”からの応募を獲得するための工夫をする必要がある。

「採用ターゲットの明確化」、「採用ターゲットの導線を考えた広告の掲載」「採用ターゲットに対するメリット提示と不安払拭」「スカウトを活用した採用ターゲットへのアプローチ」。今回ご紹介したポイントを、ぜひ貴社の中途採用にお役立ていただきたい。