【PAGE5】2012年に行なうべき、採用活動の工夫とは?
最後にご紹介するのは、各社が講じている採用活動の工夫である。とりわけ危機意識の高い、「2012年の採用は2011年よりも難しくなる」と回答した企業の声を紹介する。ぜひ、2012年の採用活動の参考にしていただきたい。
「採用難易度が上がる」と回答された方に伺います。採用難易度が上がる中、人材獲得のためにどのような対策をお考えですか?
【募集について】
  • 1人でも多くの転職希望者に会いたいと考えています。さまざまな求人媒体、エージェント、転職フェアや合同説明会に多く参加していく予定です。(サービス関連企業 採用担当)

  • まずもう一度、採用ターゲットを明確にすることから始めます。また、その採用ターゲットに対してスカウトを積極的に行なっていくつもりです。(商社 人事課長)

  • 単に募集広告を掲載するのではなく、掲載するにしても、会社や仕事の魅力が伝わる求人原稿に仕上げることが肝心だと考える。同時に求職者にアピールできる魅力ある職場をつくっていかなくてはいけない。(IT企業  管理部 部長)

  • 求人広告を掲載する際、応募資格に必要な経験、資格を分かりやすく明記し、求めている人材が応募しやすいようにします。(小売業 人事マネージャー)

  • 雇用形態を多様化させたり、雇用条件を見直す必要があるかもしれません。(アパレル企業 管理部門)

【選考について】
  • 説明会を開催するなど入社前の説明に可能な限り時間をかけます。応募者の不安を出来るだけ取り除く努力をする必要があると思います。(メーカー 人事課長補佐)

  • 面接だけでは良い人材かどうか判断するのが難しいため、面接前にテストを導入します。客観的なスキルチェックや人柄診断を行なうことで、良い人材の取りこぼしを防ぎたい考えです。(ソフトウェア会社 採用担当)

  • 面接の前に企業説明を行っていますが、人事担当だけでなく配属予定部署の責任者に加わってもらうことを予定しています。応募者の親近感と就業意欲を高めることが狙いです。(広告・出版・印刷関連企業  総務部次長)

  • 面接時のインタビュー項目を精査し、面接時間をより有益な時間に出来るように対策を練っています。(証券会社 人事担当)

【その他】
  • 「社内紹介制度」を積極的に取り入れる予定。(医療関連企業 人事部マネジャー)

  • 現在は、「入社準備金」のような形で、入社決定の際に一時金を出すことを検討中です。(WEB関連企業 管理部担当)

  • まずは社内の人事異動を含め、適材適所を実現できるよう努める。加えて、採用基準を少しでも下げるために社内の育成システムの強化、責任者の育成レベルの向上を目指す計画です。(メーカー 管理部長)