【PAGE2】「転職理由」はどう変化した?
このページからは、2011年8月に転職者に対して行なった意識調査の結果をご覧いただく。2010年6月にも同様の調査を行なっており、そのデータと比較しながら、今現在の転職者の意識を見ていこう。
【Q.転職を考えている理由で、当てはまるものをお選びください(複数回答可)】[2010年6月]1位「給与に不満がある」38.3%、2位「会社の将来性に不安がある」37.4%、3位「会社都合(リストラ・事業縮小など)」29.9%
【Q.転職を考えている理由で、当てはまるものをお選びください(複数回答可)】[2011年8月]1位「会社の将来性に不安がある」38.6%、2位「給与に不満がある」35.3%、3位「会社の考え・風土が合わない」28.4%
2010年6月の調査では、1位に「給与に不満がある」、2位に「会社の将来性に不安がある」、3位に「会社都合(リストラ・事業縮小など)」がランクインした。

一方で、2011年8月の調査では、1位に「会社の将来性に不安がある」、2位に「給与に不満がある」、3位に「会社の考え・風土が合わない」がランクインしている。

2010年時点で3位にランクインしていた「会社都合(リストラ・事業縮小など)」が7位になっていることからも、景気の回復が窺える。また会社社風や仕事内容への不満が上位に上がってきており、「会社の存続や雇用そのものに不安がある」という状況から、「職場環境や仕事内容に不満がある」という状況へ、若干変化しているようだ。