【PAGE1】緊急報告!景気悪化で転職・採用事情はどう変わる!?

求職者アンケートから探る、不況下の採用ポイントとは?
2008年もあと1ヶ月を残すところとなった。今年の後半は世界経済が大きく変動した半年だった。世界的に景気悪化が叫ばれている中、中途採用市場は、どのように変化しているのだろうか。今回の特集では、現在転職活動中の求職者に対し、緊急アンケートを実施。求職者が見た、今現在の転職市場を明らかにする。
  P1:イントロダクション、 P2:景気悪化で転職・中途採用はこうなる!、 P3:この時期に、転職を決意したキッカケとは?、P4:転職者の「大手志向」に変化あり?、P5:不況下における採用のポイント(調査対象  :[en]社会人の転職情報(現:エン転職) 会員ユーザー、調査方法  :インターネットでのアンケート、有効回答数:450、調査期間  :2008年11月7日~11月15日)
まずはじめに、現在叫ばれている景気悪化が、転職活動に影響するかどうかを聞いた。
【Q1.いま、全世界的な景気悪化が報じられています。この景気悪化は、ご自身の転職活動にも影響すると思いますか?】思う:78%、思わない:12%、わからない:10%
「思う」という回答が実に78%にのぼった。多くの転職者が、自らの転職活動に何らかの影響があると感じているようだ。次のページでは、どのような影響があると考えているか、具体的な回答を見ていこう。