企業と転職にアンケート!辞退にまつわる意識調査

特集企画
Page2  企業と転職にアンケート!辞退にまつわる意識調査
増加傾向にある内定辞退の原因を調査し、その減少を実現させるため、今回のアンケート調査では、様々な質問をしている。

選考期間や面接回数、面接官といった選考プロセスは、内定辞退にどのように影響を与えているのであろうか?まずは、企業に辞退される理由を聞いてみたので、こちらから見てみよう。
調査概要 調査対象 [en]パートナーズ倶楽部 会員(採用担当者)
調査方法 インターネットでの調査
有効回答 112社
企業:辞退される理由として、最も多いものは何ですか?
企業:辞退される理由として、最も多いものは何ですか?
「他の行きたい会社に内定が出たため」という回答が1位であり、他も選択肢と比べても突出したポイントを獲得している。また、「給与面での不一致」を除くと、「選考中に出た疑問が解消できなかった」という項目が見過ごせないポイントを獲得している。

次は、各社の面接回数と面接実施者、そして転職者の希望する面接回数を聞いてみた。アンケートの結果を見てみよう。
企業:応募から内定までに、およそ何回の面接を行いますか?
企業:応募から内定までに、およそ何回の面接を行いますか?
では、一方、応募者の希望している面接回数はどうだろうか?応募者の回答も見てみよう。
調査概要 調査対象 [en]登録会員
調査方法 インターネットでの調査
有効回答 643名
転職者:希望の面接回数は何回ですか?
転職者:希望の面接回数は何回ですか?
70%近くの企業が面接回数は2回と回答。また、転職者の54%も2回の面接を望んでいる。どうやら、企業、転職者双方にとって面接2回というのは一つの基準になっているようだ。しかし、一方で1回の面接を希望する転職者が37%もいる点は注目に値する。

では、回数ではなく、その面接の面接実施者は、辞退の増減に関係しているのだろうか?この質問で、最も高いポイントを獲得した「面接回数2回」をサンプルとして、2次面接の面接官と辞退の関連性を比較してみた。
2次面接の面接官と辞退率の比較
2次面接の面接官と辞退率の比較
集計結果によると、社長自らが面接を実施する場合と、人事・就業先管理職が実施する場合では20ポイント以上の開きが出ている。面接の実施者によって、辞退率に差が出るようだ。

以下のような転職者の声からもそれは実証されるようだ。
転職者のコメント
役員の方が私くらいの年齢の者と本気で語り合ってくれた面接が何回かありました。そこまでしていただける面接ってあんまりないと思っています。採用にかける本気度は受ける側にも伝わるなと感じました。逆に、受ける側の伝えようも気持ちで変わるものだろうなと思いました。(男性:31歳)
取締役社長が2時間もかけて企業の事情や、これからやっていきたいこと、目標やプロジェクトをお話してくれたこと。入社後に、「この人となら一緒にがんばっていきたいと思ったから。」と言われたのがとても心をうちました。(女性:43歳)
面接の際、直に「あなたのような人材を探していた。」と言われました。最終的にこの企業へ決定しました。(男性:30歳)
これらの転職者のコメントにもあるように、社長(役員)が面接を行い、直に「期待すること」を伝えることは、転職者が「求められている感」を抱き、「その会社で活躍したい」と考えるきっかけになるようだ。

しかし、社長や役員による面接を行うためには、どうしても日程の調整が難しくなる。そこで、効果的な選考期間を探るため、選考期間に関しても調査を行った。

まずは、各社の内定までの期間と「辞退率」を見てみよう。
企業:応募から内定まで、およその期間はどのくらいですか?
企業:応募から内定まで、およその期間はどのくらいですか?
企業に実施したアンケートを集計すると、内定だしまでの期間によって、「辞退率」に変化があることが明らかになった。集計結果からは、2週間をひとつの基準として、それより早くても、遅くても辞退率が増加する傾向が伺える。

また、1週間以内に内定を出している企業の方が、逆に辞退が増加していることが明らかになった。選考期間も、ただ早ければ良いというものではないようだ。

辞退に苦しみ、内定者を確保する為に「早い内定」を意識していた採用担当者は、選考期間を再考しては如何だろうか?

では、「内定から入社までの期間」は「辞退率」に影響を与えているのだろうか?集計結果を見てみよう。
企業:内定から入社まで、どのくらいの期間を希望していますか?
企業:内定から入社まで、どのくらいの期間を希望していますか?
アンケートからは、企業が希望する内定から入社までの期間と「内定辞退」の割合に直接的な関係性は見当たらなかった。また、先の集計結果、「辞退される理由」を見ても、「選考期間が長すぎたため」という辞退理由は全体の2%であった。

応募者にとって、入社までの期間は「辞退」する大きな理由ではないのだ。それでは、応募者が「辞退」する理由はいったい何だろうか?

次は、「面接」に焦点を絞り、企業側の取り取組みと転職者の意識を調査したアンケートをみていこう。ここから、転職者が辞退する原因が明らかになるはずだ。