入社後活躍度、驚異の84.7%!スカウトの成功ノウハウを探る

入社後活躍度、驚異の84.7%!スカウトの成功ノウハウを探る

まずは右のグラフを見ていただきたい。
これは、2005年9月度の[en]パートナーズ倶楽部の特集にて発表した、「入社後の活躍状況調査」に協力いただいた企業に対して、再調査を実施した結果である。

エンからの入社後活躍度は、前回の調査で、80.5%という高い数値を記録したが、スカウトで採用した人材の活躍度は、それを上回る結果を記録。「あまり活躍していない」「活躍していない」と回答した企業は、皆無という結果となった。スカウトでの採用は企業と求職者のマッチングの精度が極めて高いことが伺える。有効求人倍率が上昇しつづける今、このスカウトの持つ採用力を最大限に活用できるか否かは、非常に重要なポイントになるはずだ。

そこで、今回の特集では、このアンケート結果をもとにスカウトの利用状況やスカウトから採用した人材の活躍度について、詳しく調査をする事にした。スカウトで採用成功している企業はどのような利用方法をとっているのか?また、そこにある成功のノウハウはどのようなものなのか?まずは、採用担当者に向けたアンケート結果から見ていくことにしよう。
スカウトで採用した方の活躍度

調査方法 FAXによるアンケート調査
調査対象 2004年に[en]社会人の転職情報(現:エン転職)を利用して採用成功をした企業
調査時期 2005年9月
有効回答 172社