転職経験者へのアンケートとインタビューから探る!『効果的な魅力の伝え方』

転職経験者へのアンケートとインタビューから探る!『効果的な魅力の伝え方』
「自社の魅力の伝え方」を採用上の課題とする声、続出
先日実施した2005年の採用動向予測。
その中の「2005年の採用で課題と想定されること」という質問には、「自社の魅力をいかにして伝えるか」という回答が多数あがった。有効求人倍率が上昇し、採用難易度が上がっている現在。他企業との差別化を実現し、自社の魅力を的確に伝える事に注目が集まっているようだ。

そこで、今回の[en]パートナーズ倶楽部の特集では、「自社の魅力の伝え方」をテーマに取り上げる事にした。どれほど多数の閲覧者がいるメディアに求人広告を掲載したとしても、その情報が魅力的なものでなければ期待する採用成果をあげる事は出来ない。しかし、魅力を的確に伝える求人広告なら、高い応募・採用率を実現する事ができる。求人企業が増加している今、こうしたノウハウを身に付ける事は想像以上の成果につながるだろう。

転職経験者へのアンケート。[en] を利用し転職を成功させた方へのインタビュー。そして、エン・ジャパンの求人広告部門を統括する早川ディレクターのインタビューからなるこの特集。こちらを是非、貴社の今後の採用活動に役立ていただきたい。
自社の魅力をいかにして伝えるかを課題とした企業の代表的な声
求人数の増加が予想され、母集団の確保が難しくなるのではないか。その中でどうやって当社の魅力を伝えていくかは大きな課題と考えている。(電気、電子業界)
他社と競合した場合、当社の魅力をどこまで応募者に理解してもらえるかが課題。(IT業界)
大手が採用を拡大する傾向にある中、弊社のような中小企業がどのように求職者に魅力を伝えていけばよいか、わからない。(IT業界)
・・・・他、多数