【面接も佳境】本音の退職理由を引き出す質問
退職理由を面接で確認する理由は、自社に転職して入社後に、再現性がないかを見極めるためです。本音が出にくい場面ですが、表層的な情報収集で終わらないよう、上記の掘り下げる質問なども用いて会話していきましょう。
  • Q退職を考えるようになったきっかけは何ですか?何が決め手になりましたか?
  • Qなぜ今、転職を考えていらっしゃるのでしょうか?
  • Qこの条件があったら、現職に残っても良いなと思うものを教えて頂けますか?
  • Q応募いただいた仕事とこれまでの仕事の違いはどのような点にあると思いますか?
  • Q前職でお世話になった方は誰ですか?その方に相談した際、どう言われると思いますか?
応募者は、退職理由に関する質問に対して、必ず回答を用意しています。その回答から更に深く掘り下げていくことが重要です。結果、退職理由を会社や他人のせいのみにしている場合や、やりたい仕事がコロコロ変わっている場合は注意が必要です。
POINT!退職理由を深掘りするための質問例
「前職で一番お世話になった方/鍛えられた方はどなたですか?
今、その人に転職について相談されたら、なんと言われると思いますか?」
退職理由を聞きだすことが難しい場合は、第三者の視点を使って質問する方法が有効です。
【面接終了間近】志望動機・労働観・選社基準を深掘りする質問
志望動機の質問は、応募者の労働観を探るための材料となります。また、同時に選社基準を聞いておくことで、自社の魅力付け説明のための有益な情報になります。
  • Qなぜ当社を志望したのですか?
  • Q会社選びであなたは何を重視しますか?
  • Q転職を通じて、当社に期待することはどのようなことですか?
  • Q当社で働くことで、どのような目的を達成したいとお考えですか?
  • Q今回の転職について、何を判断基準に応募企業を選択しましたか?
志望動機を確認する際は、何故当社に応募をしたのか、という会社への志望動機はもちろんですが、自社で働くことで何を期待しているのか、将来的にどのようなキャリアを積みたいのか、他にどんな企業を受けているのかを確認します。

その結果、必ずしも自社で実現できるとは言えないことを期待しているケースや、他に受験している会社は全く違う職種や業界で一貫性がなかった…、というケースも。ここをしっかり確認しなかったがゆえに、入社後のミスマッチや早期退職の大きな原因になる可能性もあります。しっかりと確認しましょう。
POINT!労働観を確認する質問
「当社で活躍している人材については、どんなイメージをお持ちですか?」
「ご自身と比べてみるとどうですか?」
「○○さんが大切にされている『やるからには一番を目指したい』というお考えは、誰からの影響が強いのですか?」
価値観(労働観)の形成には、これまでの人生や、仕事環境、関わってきた人物から大きな影響を受けている場合があり、影響を受けた人物とのエピソードを聞くことで、労働観を把握できる場合が多いと言われています。ご参考下さい。
【面接の終わりに】最後の質問
面接のゴールは、企業側は合否の判断ができる充分な情報を得たこと。一方、応募者は自身が伝えたいことを伝えきれたこと、そして企業への入社判断ができる情報を得られたことです。応募者が不完全燃焼にならないよう、最後に以下の質問をするとよいでしょう。
  • Qいろいろとお聞きしましたが、何か補足的に説明したいことはありませんか?
  • Q何か言い残したことはありませんか?
  • Q最後に自分のセールスポイントを今までの話と重複しても結構ですので話して下さい。
  • Qいろいろお聞きしましたので、今度はあなたのほうから質問はありませんか?
応募者にとっては、逆質問のチャンスであり、最後のアピールの部分。なかなか自分からは切り出しにくい応募者のためにも、誘導してあげましょう。
エン 人事のミカタ 編集長 手塚伸弥
面接の流れに沿った、面接質問集、参考になったでしょうか。基本的な質問に加えて、掘り下げる質問などをご紹介しました。実際に使用してみることで、ヒアリング内容がより深くなり、応募者の本質に迫ることができるようになるはずです。聞き出せる情報が増えれば、合否の判断基準もしやすくなるでしょう。ぜひご参考いただき、より良い面接を実践してください。
さらに詳しく採用市況を知りたい、採用にお困りの方はこちら

▲