未経験者の採用成功事例が続々!採用難の今こそ知りたい!未経験者採用の極意
要約すると
  • 全国的な人材不足。営業職、ITエンジニアをはじめ、職種別の採用ニーズは?

  • 採用成功事例に学ぶ!未経験者採用の極意!

  • 未経験業種・職種に挑戦する求職者の気持ちを読み取れば採用成功に近づく!

経験より、意欲と能力を重視!採用成功事例に学ぶ「未経験者採用の極意」
「転職市場に自社の求める経験者が少ない」。
「求人を出しても、応募数が少ない」。「内定辞退される」。

2015年から続く有効求人倍率の上昇。都市部だけではなく、全国的な人材不足に多くの企業から悩ましいという声が聞かれます。売り手市場だから、とはわかっていても定期的な欠員は起こり、穴が埋まらない、業績拡大をしたくても即戦力の人材がいない...。そんな状況は、これからもまだまだ続きそうです。

そんな今だからこそ、検討して頂きたいのが、「未経験者の採用」です。引く手数多の経験者から、未経験者へ採用基準の間口を広げることは、貴社採用の活路となるはずです。本特集では、「未経験者採用の極意」と題し、まず概観となる職種別の人材不足の状況を押さえると共に、未経験者の採用成功事例、加えて未経験職種に挑戦する求職者のホンネを網羅します。ぜひ参考にしてください。
各社の人材不足状況の調査結果!ニーズの高い職種ほど未経験者採用が重要!
まず、エン 人事のミカタで調査した各社の人材不足の状況をご確認ください。
現在、貴社では人材が不足している部門はありますか?
グラフ
「現在、貴社では人材が不足している部門はありますか?」という質問に対して、全体の86%が人材不足があると回答しています。
貴社で人材が不足している理由は?
グラフ
人材が不足していると回答した企業に、理由を聞いてみると、1位は「退職による欠員」54%。自然減の定期的な退職に加えて、売り手市場の中、離転職する社員が多いことが見て取れます。そして「中途採用で人員確保ができなかった」ことを挙げる企業が47%となり、採用難易度の上昇が悪循環を生んでいることも把握できます。結果、正社員の中途採用を今後行なうと答える企業が圧倒的に多くなっています。
貴社で、不足している職種について教えて下さい(複数回答可)
グラフ
人材が不足している職種についての質問では、「営業職(営業、MR、人材コーディネーター他)が34%と最も不足していると回答。続いて、技術系(IT・Web・ゲーム・通信)職、技術系(電気、電子、機械)、企画職(経営企画、広報、人事、事務他)が続いています。 これら上位の職種の採用難易度は今後も下がることは少ないでしょう。競業他社も狙う、経験者の採用をピンポイントで狙うよりも、未経験者に狙いを定める必要があります。そう考え、未経験者採用に舵を切った他者の事例を次ページでご紹介します。

▲