中途入社者の活躍・定着を阻害しているもの ※衛生要因
入社後活躍が実現されず、早期離職につながることで、個人は満足のいくキャリアが積めなくなり、再就職が困難になるリスクを抱えます。また、企業は採用・教育費や十分な人員を確保できないことによるビジネス機会のロスはもちろん、残留社員の士気低下・負担増加をまねくことになります。そうならないよう、中途入社者の活躍・定着を阻害している要因について確認しましょう。
中途入社の正社員が定着しなかった/活躍しなかった要因 ※衛生要因
中途入社者が活躍・定着しなかった要因の中でも、「衛生要因―給与・賞与、休日休暇、福利厚生、職場の物理的環境(立地、作業空間、設備、備品等)」についての不満に関して伺いました。

上位は「給与に不満があった」19.1%、「残業が多かった」15.5%、「労働条件(ノルマ等)の厳しさに不満があった」15.0%です。

従業員規模別に見てみると、「10名以下」の企業では「社会保険、労働保険の適用に不満があった」9.3%、「深夜手当に不満があった」7.2%と、「11名以上」の企業とは違う項目が上位にランクイン。反対に残業やオフィス環境についての不満は非常に低いようです。

「501名以上」の企業では、ほとんどのポイントが平均を上回り、中途入社者が衛生要因に不満を抱えやすいことがうかがえます。

中途入社者の活躍・定着を阻害しているもの ※動機づけ要因
中途入社の正社員が定着しなかった/活躍しなかった要因 ※動機づけ要因
続いて、中途入社者が活躍・定着しなかった要因の中でも、「動機づけ要因―仕事へのやる気を増大させる促進要因。「職場の人間関係」「仕事それ自体による自己効力感」「共感できる社会性」等」についての不満に関して伺いました。

活躍・定着を妨げる要因の上位は「職務内容とのミスマッチ」27.5%、「職場の雰囲気への不満」22.1%。続いて、「事業内容が合わなかった」21.5%、「職種が合わなかった」17.7%です。いずれも入社前に認識していた情報とのミスマッチが原因だと考えられます。

従業員規模別では、「50名以下」の企業は、全体で上位に上がっていた職務内容や職種のミスマッチは非常に低い傾向にあるようです。「101~500名」の企業は「事業内容が合わなかった」29.2%、「社風に不満があった」21.5%のポイントが高い傾向にあります。
千葉 純平
千葉:企業側が考える中途入社者が活躍・定着しなかった要因。「衛生要因」「動機づけ要因」ともに上位は、入社前にはわかりづらい部分が挙げられています。

転職サイト、エージェント経由で伝えているという思い込みや、自社のことを理解しているだろう、勉強してきてくれているだろうと思う企業が多いとは思いますが、「実は伝わっていなかった…」という事象が多々起きています。 具体的には、会社のイメージや商品のブランド力があり、複数事業を運営するような大手企業ほど、転職者は一面しか見ていない可能性があり、勘違いも起きやすいようです。逆に単一事業の中小企業の方が、イメージにぶれがないことも上記調査から見て取れます。

入社後のギャップを低減させるために、事前に体験入社を勧める企業もありますし、そこまではできなくとも選考段階を進むごとに、転職者の認識と自社の認識が合っているか、すりあわせる努力は必要でしょう。ぜひ、参考にして、入社後活躍・定着につながる採用を行ってください!
エン・ジャパンでは、企業が採用した人材の「活躍・定着」をフォローする「エン 入社後活躍支援プログラム」を実施しています。 「エン 入社後活躍支援プログラム」は、「エン転職」を通じて入社をされた方に、入社決定時から入社後3年間、メールでのフォローや研修を受講できる無料サービスです。入社後活躍・定着に役立つ本サービス、ぜひご活用ください。
エン 人事のミカタ 編集長 手塚伸弥
「入社後活躍研究所」千葉さんとともにお送りした本特集、いかがだったでしょうか?

「入社後活躍研究所」では今後も同様の調査や、さらなる入社後活躍・定着につながる発信を行なっていく予定です。ぜひご期待ください。
さらに詳しく採用市況を知りたい、採用にお困りの方はこちら

▲