年代別 人事の年収相場は?
続いては、気になる人事の年代別年収を聞きました。もし、転職を検討する際には「年収」は最も気になるポイントのひとつ。ぜひ参考にしてください。
年代別 人事の年収
20代人事の年収で、もっとも多かったのは「300~399万円」57%。30代に突入すると「500~599万円」が40%と最多。40代では「600~699万円」24%がもっとも多く、順当に行けば年収は確実に挙がっていくことが見て取れます。しかし、人事に限らずどの職種でも30代以降は伸び率がバラバラになり、800万円以上の年収を得る方は限られてくるようです。
年収を上げるには転職が近道?転職経験者の51%が年収UP
人事として、どのようなキャリアを歩んでいくか?他社の人事はどのくらいの頻度で転職をしているのか?そして、気になる年収アップの有無についてご紹介します。
転職経験はありますか?転職の回数を教えてください。転職によって年収は変わりましたか?
76%の方が転職経験が有ると回答いただきました。そのうち43%が転職回数1回の現在2社目。次点は転職回数3回の4社目の方が21%。これは回答者に40代以降の方が多いことも要因となっています。
そして、「転職によって給与が上がったかどうか?」という質問に対しては、じつに51%の人が「年収が上がった」と回答。ほぼ変わらない方は22%、下がった方は27%という割合でした。転職を機会に、年収アップを見据えた方も多く、その結果が表れているようです。
人事の転職理由TOPは「給与・待遇に不満があった」25%
では、実際のところ、人事はどういった理由で転職をしているのでしょうか?その転職理由をご覧ください。
人事の転職理由
人事の転職理由で最も多いのは、『給与・待遇に不満があった』25%。昨年行なった同様の調査でトップだった『会社や業界の将来性に不安を感じた』が次点にランクダウンしています。有効求人倍率が上がり、自社の将来性に不安を感じるよりも、より給与・待遇面の良い会社へ転職を考えている人事が増えているのかもしれません。
人事のキャリア観「一生の仕事として極めたい」47%
人事担当者は、人事というキャリアについてどう考えているか。今後の展望を伺いました。
人事のキャリア観
47%の人事担当者が、「一生の仕事として人事を極めたい」と回答しました。その理由としては、「人事とは、「人」をみる仕事であり、多種多様な人間を育てる仕事は面白い」、「会社の発展に寄与できる。様々な価値観の人間と会話ができ、自分自身の成長にもつながる」、「人を大切にする会社の人事で非常にやりがいがあるため」と、やりがいや誇りを強く感じるコメントが散見されました。

「ジョブローテーションの一環でよい」「可能であれば早めに他部門・他職種に異動したい」という方の理由では、「飽きる。人を信用できなくなる」という少しネガティブなコメントや、「会社の全体像を把握するため、各部門を経験したいため」とキャリアステップとして人事を捉えているコメントがありました。

▲