久しぶりの採用にも役立つ!押さえておきたい「採用市場」の現在『企業動向予測レポート 2015』
要約すると
  • 面接前に辞退された経験のある企業は92%!

  • 辞退する判断は「面接前の1週間」70%。「当日」は14%という回答!

  • 当日ドタキャン、すっぽかしを防ぐ!7つの手法を公開!

理由が不明。だから対策を打てない面接ドタキャン。
面接前の土壇場で起こる辞退(キャンセル)、通称ドタキャン。はたまた面接当日に応募者からは何も連絡なく、来社もないすっぽかし。人事担当者が一番困るのは、辞退者が出ることではなく、「辞退理由がわからない」ことだと言います。

「辞退の理由さえわかれば、対策が打てるのに...」と歯がゆい想いをしたり、もはや諦めの境地に入っているという人事担当者も。

そのため今回は、企業が聞くに聞けない「ドタキャン・すっぽかし」の理由を、転職活動を行なう4800人に緊急アンケート。そこから見えた、ホンネの辞退理由と共に、考えられる7つの対策をご紹介します。

題して、採用活動の天敵!『面接ドタキャン撲滅大作戦』。諦める前に、ぜひ採用活動で実践してみてください。
92%の企業が、面接前のキャンセルを経験!
辞退が発生するタイミングについて
応募者の「辞退」は、選考を通過する段階ごとに起こります。上記の一般的な選考フローの場合、辞退が発生するのは、矢印で示す①企業への応募後~書類選考、②書類選考通過後~面接前、③面接後、④内定後と大別できます。

本特集においては、①②の応募後~書類選考~面接前に起こる辞退について要因を探っていきます。
面接前の辞退経験の有無について
まず最初に、約200社の企業に対して「面接前の辞退(ドタキャン)」経験の有無に関して伺いました。その結果は、なんと92%の企業で「面接前の辞退がある」との回答が。回答頂いた企業の業種や規模別に見ても、結果にほとんど差異はなく、ほぼ全ての企業にあてはまる大きな問題になっていることがわかります。

▲