人事の55%が社外研修に参加。週1回はスキルアップのための時間を
日々の業務に取り組むだけでなく、普段から勉強するなど、スキルアップに取り組む人事も少なくありません。実際、どのような方法でスキルを伸ばしているのか。また、その頻度はどのくらいか?ここでは、「スキルアップ」について見ていきます。
スキルアップの方法・スキルアップ頻度
『社外の研修・セミナー・勉強会参加』が55%と最も多く、続いて『自主学習』が上位にくる結果に。頻度としては、「それ以下」を除くと、月1回程度が最も多くて19%。週1日程度が次に多く18%となりました。習慣化し、取り組んでいる方がいるとわかります。

ただ、『特に取り組んでいることはない』という回答も22%と少なくありませんでした。たとえば、月1冊本を読むなど、積み重ねていくだけでも幅広い知識の習得に役立ちます。今後、「人事」といっても幅広いスキルが求められていく時代。積極的にインプットを行なっていきましょう。
最新の情報を入手するために、日々の情報収集はWEBサイトをメインで利用
スキルアップという観点だけではなく、日々業務で活かすための情報をどのように収集していくかといった部分も重要となります。各社での情報収集の方法をまとめています。
情報収集の方法
最も多かったのが、『WEBサイト』を活用した情報収集でした(78%)。そこから『外部の研修・セミナー』、『書籍』と続きます。いかに手軽に、そして最新の情報を手に入れようと考えたらWEBサイトが最も効率的といえるかもしれません。
※『エン 人事のミカタ』の中にも人事関連のニュースをキュレーションする『人事知っトクニュース』といったコーナーがあります。ぜひ、ご活用ください。習得に役立ちます。今後、「人事」といっても幅広いスキルが求められていく時代。積極的にインプットを行なっていきましょう。
各社で「残業時間の削減」への取り組みが活発化
次に見ていくのは、各社での取り組みについて。いかに社員が働きやすい環境をつくることができるか。また、全社の課題として何に取り組んでいくか。他社のケースを見ていきます。
取り組み
現在、話題になっている「残業ゼロ法案」などを背景に、『残業削減』が最も多い割合になったと考えられます。また、その次に多かったのが『メンタルヘルス』に対する取り組みでした。「ブラック企業」といった言葉が流行したように、身体的にも、精神的にも、働きやすい環境をつくることができるかどうか。各社で課題になっていると言えます。
いかがだったでしょうか。普段はほとんど知ることのできない他社人事のリアルな声をお届けしました。人事といった職種柄、「キャリアについて相談される」ということはあっても、なかなか「自身のキャリアについて誰かに相談する」といった機会は多くありません。ぜひこういったアンケートを、今後のキャリアアップにつなげていただければと思います。
さらに詳しく採用市況を知りたい、採用にお困りの方はこちら

▲