業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

パワハラ面接官とクレーム!良かれと思った注意が...

弊社の面接では、面接官を現場のメンバーが担当していますが、
面接中、応募者が叱責されたとクレームがありました。

今後、マナーの指導や啓蒙を行なっていきますが、
応募者が嫌がる点や気をつけるべきマナーについて教えてください。

A

応募者は、面接官を「会社の代表者」として見ています。
そのため、面接官の態度やマナーがなっていないと「この会社は大丈夫か」と
不安に感じたり、選考辞退に繋がります。

面接官本人に悪気はなくても、応募者に悪い印象を持たれてしまう。
その結果、採用が上手くいかなかった...ということにも。

そこで、今回は「エン 人事のミカタ」で行なった、約500人の求職者への
アンケート調査から、印象の良くなかった面接官の特徴をご紹介します。


■印象の良くなかった面接官ランキング
--------------------------------------------------------
【3位】パワハラ・叱責面接官
--------------------------------------------------------

約500人の求職者へのアンケート調査でわかった
印象の良くなかった面接官、第3位は「パワハラ・叱責」面接官でした。

実際にあったエピソードでは、
●上から目線で自身のこれまでのキャリアをバカにされた、叱責されたと感じた。
●面接担当者が高圧的で尋問されているような気分にされた。
 もし入社したらパワハラにあうのかなと思った。
●面接のときから、パワハラもどきで、絶対、ブラックだと思った。
と言ったコメントが集まりました。

応募者の経歴で、転職が多いなど、相手のためにもと注意してしまう、
という面接官の声をよく聞きますが、言い方や態度によっては、
叱責やパワハラとも受け止められてしまうことがあります。

自身の言動が、応募者にどう見られるかを考え、言葉を選んだり、
言い方を変えることですぐに改善につながるはずです。ぜひ、ご参考下さい。



■3位以外の印象の良くなかった面接官ランキングはこちら!
--------------------------------------------------------
1位. 求職者がもっとも嫌がる!「上から目線」面接官とは?
2位. 「話、聞いてます?」スマホを見ながら面接官に怒りの声
4位. 「恋人はいるの?」馴れ馴れしいにもほどがある面接官
5位. 面接時間に遅刻...謝りもしない面接官

▲