業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

嫌われる面接官の特徴(5)面接時間に常に遅刻。多忙な部長に不信感!

面接官の面接での応募者への言動が、採用の成否に大きく影響する昨今。
面接官のスキル向上のためにも、やってはいけないことや、
嫌われる面接官の言動、特徴について教えてください。

A

人事のミカタ上にて、求職者にこれまでの「選考辞退の理由」について
調査しところ、なんと3人に1人は「面接官の行動や態度が悪かった」と
回答しています。

有効求人倍率が高まり、求職者の売り手市場が続く中、
応募者の1/3を面接官の言動で逃しているとしたら...。
面接官のスキルはもちろん、トレーニングが難しい言動について、
一層のケアが必要になっていきます。

今回は、人事のミカタ調査でわかった、
嫌われやすい面接官の10の特徴について、
簡単なエピソードと共にご紹介します。


■ 嫌われる面接官の特徴(5)面接時間に常に遅刻。多忙な部長に不信感!
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
営業部長であり、人事を兼任するEさん。
会議などが多く、最終面接などに常に遅刻することが
社内でも有名な人物でした。

最終面接まで通過した優秀な応募者が、
部長の遅刻、また遅刻しても一言も謝らない姿勢に
面接終了後すぐに辞退の連絡をしてくるなど問題に。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
★【改善point】遅刻するなら連絡、謝罪を最優先!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
面接担当者に急遽外せない予定が入ったり、
スケジュール変更はよくあることですが、
約束の時間通りにやってきた求職者を待たせる、
さらには理由の説明や一言のお詫びもない等は、
強い不満に繋がります。

また、早いタイミングで求職者へ連絡を入れることや、
他の担当者への面接依頼などをしておけば
防げることでもあります。

ぜひご参考ください。

▲