業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

嫌われる面接官の特徴(3)詐欺と言われた...アピールが上手すぎる人事さん

面接官の面接での応募者への言動が、採用の成否に大きく影響する昨今。
面接官のスキル向上のためにも、やってはいけないことや、
嫌われる面接官の言動、特徴について教えてください。

A

人事のミカタ上にて、求職者にこれまでの「選考辞退の理由」について
調査しところ、なんと3人に1人は「面接官の行動や態度が悪かった」と
回答しています。

有効求人倍率が高まり、求職者の売り手市場が続く中、
応募者の1/3を面接官の言動で逃しているとしたら...。
面接官のスキルはもちろん、トレーニングが難しい言動について、
一層のケアが必要になっていきます。

今回は、人事のミカタ調査でわかった、
嫌われやすい面接官の10の特徴について、
簡単なエピソードと共にご紹介します。


■ 嫌われる面接官の特徴(3)詐欺と言われた...アピールが上手すぎるCさん
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
営業畑出身の人事であるCさんは、
弁舌巧みな人物。Cさんの担当した応募者の多くは、
Cさんの語る会社や仕事の魅力に惹かれて入社。

しかし、入社後現場に配属される後、
多くの人が早期に離職をしているという結果に。
中には、「Cさんに騙された!詐欺だ!」と憤る退職者も。

原因は、面接での説明内容。
どうやら自社のよいところだけを伝えて、
入社意欲を高めていたようなのです。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
★【改善point】良い話だけでなく悪い話も伝えましょう!!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「RJP」をご存知でしょうか?
これはリアリスティック ジョブ プレビュー
(Realistic Job Preview)の略。

直訳すれば、「現実的な仕事情報の事前開示」となります。

企業が採用活動をする上で、求職者に対して
仕事や組織の実態について、「良い面だけでなく悪い面も含めた」、
ありのままの情報を提供することをいいます。

本音採用とも呼ばれ、企業と求職者とのミスマッチを軽減し、
定着率を高める効果が確認されています。

ぜひご参考ください。

▲