業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

求職者にホームページで何を伝えるべきですか?【会社情報編】

自社の採用ホームページ上で、
求職者に何を伝えるべきか検討しております。
求職者がどんな情報を求めているか教えてください。

A

求職者がホームページなど、採用情報で確認したい項目に
ついて、アンケート調査した結果では、

【会社情報】
1位. 展開する事業・サービス概要 70%
2位. 会社の理念・ビジョン    53%
3位. 社風            51%
4位. 経営方針・事業方針     40%
5位. 従業員数・会社の規模    25%
6位. 売上高           13%
6位. 経営者           13%
8位. 沿革            7%
9位. その他           7%

転職者が、会社情報でもっとも確認したい項目は
「展開する事業・サービス概要」70%。

そのため、もし現状で発信している事業情報が
古かったり、簡素である場合は、拡充しておきたい部分です。

コメントでは
「現在の事業・サービスの将来性や安定性を判断したい」
「収益面と合わせて事業概要を確認したい」
「事業・サービスと理念が重なり合っているか判断したい」
という声もあり、事業・サービス単体だけではなく、
収益性や理念との関連性もチェックしている転職者が多く、
記載には配慮が必要です。

また、割合としては13%であるものの「経営者」を挙げる
求職者からは、社長メッセージに共感できるか否かが
重要という回答もありました。

特に現場との距離が近い中小企業では、経営者の顔や経歴、
考え方を発信することは採用を成功させる上で
大きなポイントになりそうです。ご参考ください。

▲