業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

社長、それハラです!やっては危険なNG言動集

社員から人事部に、社長の言動が「セクハラではないか」と
相談を受けました。社長本人に上手く伝えたいのですが、
どういった発言がハラスメントとして捉えられやすいか例を教えてください。

A

直接的な行動と違い、セクハラと捉えられる言動を
自覚せずに行なう役職者や上長は多いと言われています。

例えば、
社員の体の部位に関することや、
プライベートに踏み込んだ性的な話題はわかりやすいでしょう。
本人は、笑いを取るため、場を和ませるために
スパイスとして話をしていても、その場の全員が好意的だとは
限らない、ということをまずは本人に認識して頂きましょう。
※異性に対してだけではなく、同性に対しての発言でも注意が必要です。

また、以下のような言動例を参考にしてください。

<やっては危険なNG言動集>-----
●性的な表現を含む発言
 異性はもちろん同性の性生活、身体的特徴、わいせつな話題、
 プライベートな関係に関する話題
●食事やデートにしつこく誘う
 職場上の立場が絡むと、「嫌」と言えずに困っているという事例が散見されます。
●性的な風評を流す
 セクハラだけではく、名誉棄損に繋がります。
●直接のボディタッチ
●「いい歳をして…」発言
 侮蔑的な発言は、状況によってセクハラに該当します。
 相手に不快感を与えていると、人格否定に該当してしまいます。
●「男らしくしろ」「女には無理」発言
 性別を理由に、特定の表現をするのは性差別に該当します。
----------

ぜひご注意ください。

▲