業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

【面接官は営業?】自社をアピールするのも面接官!

面接担当者としての日が浅く、すぐに試すことが出来る
他社の人事・採用担当者の面接テクニックなどを知りたいです。

A

なかなか他人の面接風景は見れないものです。
そのため、今回は他社の面接担当者が心がけていることや
凄ワザをご紹介します。せひご参考ください。

【面接官は営業?】
自社をアピールするのも面接官!
+++++++++++++++++++++++++

(面接官の意図)
私が面接の際に心がけているのは「人材の見極め」だけで
終わらない、ということです。

面接の前半では人材の見極めを行ない、採用したい人材なら、
入社の動機づけを行ないます。
当社に入社すると、どんなメリットがあるのかをしっかり
伝えるんです。

また応募者が不安に感じていることがあれば
この場で解消できるよう努めます。面接は、会社をアピールする
絶好の機会でもあるんです。(50代・商社・男性)

+++++++++++++++++++++++++

自社を応募者に売り込み、PRする。
営業のような面接官は採用を成功させやすいと言われています。
ぜひご参考ください。

コメント一覧
日本ファーストさん
業種:フード、外食|従業員規模:301~1000名|投稿日時:2017/06/29 14:59
「人は見た目が9割」という本がある通り、第一印象はとても大切です。
色々なセミナーに行くと、「ブランド物を着た方がいい」など、身だしなみに気を付けて、と言われました。

高いお金を払ってブランドを買う必要は決してないと思いますが、清潔感ある身だしなみは必要でしょう。
それよりも、笑顔であったり、応募者が話しやすい雰囲気を出すことが大切です。
その為には、「第一番目の質問」が重要です。仕事とは関係ない、「会社の経路」「趣味」「今日の天気」などは、アイスブレイクにいいと思います。
経験上、「地元」の話はどんな人も長く話をしてくれます。
「口は一つ耳は二つ」
の格言通り、よく聞いてあげることで好感を上げて下さい

▲