業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

面接は、何回行なうもの?また内容は変えますか?

中途採用において、面接回数は何回が妥当ですか?
また一次、二次、最終など、それぞれ面接官は誰で、どんな目的を
設定するのが一般的かお教えください。

A

企業によって、面接内容や回数はまちまちですが、
概ね、以下の様な回数や面接官、内容が一般的です。
ご参考ください。

■一次面接:人事部や採用部門による面接
一次面接では、主に人物評価を行ないます。
経歴に一貫性があるか、どんな価値観でキャリアを積んできたかの
確認や、職務機歴書を元にしたスキルチェックなどが一般的です。

■二次面接:配属予定の現場マネージャーや部門長クラスによる面接
二次面接では、現場社員や上長による面接が多いです。
応募者が、自社の事業や仕事内容の理解があるか、
一緒にやっていけるか等、職場とマッチングを測る場になることが
多いです。

■最終面接:役員、社長による面接
多くの場合、役員面接や社長面接になります。
これまでの面接で話した内容の最終確認や、
将来の幹部候補であれば、価値観・考え方・態度・振る舞いなどを測ります。

上記のようなステップを踏む場合、
各面接での面接官から次の面接官への申し送りが重要になります。
その仲立を行なうのも人事担当者の仕事です。

上記を参考に、自社の採用に見合った面接回数や
内容を設定することをお薦めします。

▲