業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

「会社からお金を借りたい!」と希望する社員。貸付制度とは?

借金に困っている社員から、会社からお金を借りたいと相談がありました。
特に弊社では取り決めがなく、社員貸付制度というものが他社にはあると聞きました。
どんなものなのでしょうか?

A

お金を借りたいと思った場合、通常はキャッシングや
カードローンなど金融機関の利用を考えると思いますが、
会社が従業員に対し行っている、従業員貸付制度というものもあります。
これは、福利厚生とトラブル回避を目的として会社ごとに行われています。

従業員貸付制度を取り入れる場合には、
まず消費者金融と同じような貸付制度の規定を作成し、
それを過半数を超える従業員で作られている労働組合の代表者か、
労働組合がない場合は過半数を超える従業員の代表者に
納得してもらいます。

その上で、その代表者と会社側で締結し、労使協定を結んで初めて、
その会社の従業員貸付制度が成立します。

貸付の限度額は、
会社の規模や考え方によって様々。
退職金同等の金額まで貸し出すこともあれば、数十万円で抑えている
会社もあります。

また、旅行やショッピング等を目的とした気楽に利用できるものでは
ありません。基本的には、怪我や病気によるものであったり、
出産費用、教育費用など、会社側も融資が必要と感じられる理由
であることが大切です。

他にも、担保や金利などの設定がありますが、
前述のとおり、福利厚生とトラブル回避が主目的の制度となります。
ご参考ください。

コメント一覧
さわっちさん
業種:ファッション|従業員規模:101~300名|投稿日時:2016/07/20 15:20
うちの会社では、退職金の前貸しと短期の貸付をやっています。
退職金は借り入れの期間も長く、実際の退職時に金利も含め差し引かれるので
みなさん手取り金額を見てがっくりしています。
やむを得ないことだと思いますが、
気持ちよく定年を迎えてほしいですね。

▲