業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

法律違反は危険!人事が知るべき法律知識

面接官として知っておくべき、雇用関連の法律について教えてください。

A

面接官や採用担当者として、最低限押さえておきたい
雇用関連の法律は下記になります。ぜひご参考ください。

●雇用対策法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S41/S41HO132.html

採用募集時の年齢制限の禁止など、労働者保護に関する法律です。


●男女雇用機会均等法
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/danjokintou/

労働者が性別により差別されることなく、また、働く女性が母性を
尊重されつつ、その能力を十分に発揮できる雇用環境を整備する法律。


●職業安定法
http://www.jil.go.jp/rodoqa/07_jinji/07-Q01.html

企業による労働者の労働者の募集・職業紹介・労働者供給について規制している法律。


●個人情報保護法
http://www.ppc.go.jp/personal/general/

応募者の履歴書など、個人情報が多く含まれた書類などの、取扱いに
関する法律です。罰則もあり、十分留意する必要があります。

●労働基準法
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/faq/faq_kijyunhou.html

企業と労働者が結ぶ労働条件の最低基準を定めた代表的な法律
雇用を行なう上での根本となる法律のため、理解しておくことが重要です


●労働安全衛生法
http://www.jil.go.jp/rodoqa/08_eisei/08-Q01.html
職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的とする法律です。

▲