業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

社内で不倫が発覚した上司と部下。懲戒処分はやりすぎ?

妻子ある男性社員と部下の女性が、恋愛関係であることが社内で発覚しました。
部署内での悪影響を考慮して処分を検討していますが、懲戒処分はやりすぎでしょうか?

A

ご質問のケースの場合、
「不倫」という行為が、会社の運営に具体的に
どのような影響を与えているかが、処分の判断材料となります。

前提として、懲戒処分をするためには、
予め就業規則に規定がある場合のみとなります。

その上で、社内の秩序、風紀を乱さないために、
口頭での指導・注意を行うことが第一。

それでも改善されない場合は、
「けん責→減給→出勤停止」と段階を踏んで
懲戒処分とされることも一考です。

上司と部下の不倫では、個人的な感情を優先させ、
公平な指揮監督ができなくなる恐れもあります。
そのため、業務上の必要性があれば、
人事異動命令も可能でしょう。


ちなみに、これまでの裁判例では、
社員の恋愛は会社運営に「具体的な影響を与えるものではない」と
されていますので、懲戒処分を検討する際には、慎重な判断が
求められます。

▲