業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

女性活躍を推進する上で、多い課題とは?

女性活躍の推進が謳われていますが、遅々として進まない現状があると思います。
他社の女性活躍で多い課題について教えてください。

A

厚生労働省がまとめた「女性の活躍の現状と課題」の資料内では、
以下4つの課題が壁になっているようです。

(参考)
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0140/8784/20151110115237.pdf

●課題(1)(女性のことを)「採用していない」

 ※4割弱(36.6%)の企業で「女性採用なし」
 【平成26年度雇用均等基本調査】
 ※総合職採用の競争倍率は、男性30倍に対し、女性44倍。
 【平成26度コース別雇用管理制度の実施・指導状況】

●課題(2)(女性のことを)「育てていない」

 ※将来的な育成に向けた教育訓練を受けている率は、25~44歳の全年齢層で
  男性よりも女性が低い。(30代後半の場合、男性28.8%/女性15.3%)
  【2009年「働くことと学ぶことについての調査」】
 ※「営業」「生産」部門は約7割の企業が「男性9割以上の職場あり」と回答
  【採用・配置・昇進とポジティブ・アクションに関する調査(2014)】

●課題(3)(女性にとって)「続けたくない」「続けられない」

 ※約6割の女性が第1子出産を機に退職。
 【第14回出生動向基本調査(夫婦調査)】
 ※妊娠・出産前後で退職した女性の約1/4は「仕事と育児の両立の難しさで辞めた」
  両立が難しかった理由は
  (1)勤務時間のあわなさ(65.4%)
  (2)職場の両立を支援する雰囲気のなさ(49.5%)
  【両立支援に係る諸問題に関する総合的研究調査(平成20年)】

●課題(4)(女性にとって)「昇進したいと思えない」

 ※課長以上の昇進希望を持つ女性は1割程度にすぎない。
  昇進を望まない理由のトップは
  「仕事と家庭の両立が困難になる」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貴社の状況にマッチしている課題はいくつあったでしょうか?
人事のミカタでも女性活躍に関して特集をしておりますので、
ぜひご参考ください。

■働く女性のホンネに迫る!|女性採用の極意
https://partners.en-japan.com/special/141001/

■女性活躍のジレンマ
https://partners.en-japan.com/special/150708/

▲