業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

無断欠勤者は懲戒解雇になる?

ある社員が1週間前から連絡がなく無断欠勤中です。
自宅へ行っても留守で、携帯電話も通じません。
懲戒解雇にするか自己都合退職とするか、悩んでいます。
本人の意思表示もないのですが、どうしたらよいでしょうか?

A

まず、「懲戒解雇」という処置は、労働者にとっては極刑と言えます。

懲戒解雇が適応できるのは、金品の横領や会計上での不正、
重大な過失・犯罪行為などです。
長期の無断欠席も理由になり得る場合がありますが、
1週間程度では長期とは言えないでしょう。

では、自己都合退職とするかですが、
無断欠席が続き、連絡が取れないというケースでは、
就業規則において「行方不明による欠勤が30(~60など)日に及び
なお所在不明のときは、その翌日をもって自然退職とする」という旨を
定めておく方法等が考えられます。
こうした定めがないと、自己都合退職にすることは困難です。

また、就業規則の懲戒規定に「無断欠席○日以上」等が
解雇理由にある場合でも、この意思表示が相手方に達しないと
効力が生じないため、配達証明で文書を送るか、住所が分からない場合には
公示送達するしかないでしょう。ご注意ください。

コメント一覧
日本ファーストの会さん
業種:フード、外食|従業員規模:301~1000名|投稿日時:2017/07/04 15:28
日本において「懲戒解雇」は犯罪など社会的な事象が発生しない限り難しいと言えます。実際に過失でボヤを出して懲戒解雇が当社では認められませんでした。1週間くらいでは、懲戒解雇にはあたりません。

方法論は二つで、無断欠勤は懲戒事由には当たるので、降格などの処分を第一にすること。その上で、連絡が取れない場合は、自主退社とみなす旨の文書を、内容証明で送ることです。
もう一つは、就業規則に○日以上の無断欠勤を退職の意思表示とみなす、旨を明記することです。
無断欠勤から復帰することは、私の経験上まずありません。懲戒にしたいところはやまやまでしょうが、退職で片を付けるのが妥当でしょう。

▲