業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

社用車を破損させた社員に、「修理代を負担」させてよい?

社用の自動車を、破損させた社員がいます。修理が必要なため、修理代を社員に負担させても問題ないでしょうか。

A

労働基準法では、
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 使用者は、労働者の不履行について違約金を定め、
 又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
と定められており、就業規則等に賠償予定額を
定めることは違法です。

しかし、今回のケースのように、社員に過失がある場合、
現実に発生した「修理のために必要な金額」を負担させる
ことは違法ではありません。

上記の「現実に発生した修理のために必要な金額」とは、
破損の状況や、故意だったのかどうかが、
賠償請求の判断材料になります。
その判断材料を元に、全額請求とするか
一部請求とするか検討してください。

請求金額は、労働基準法の賃金全額払いの原則により、
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 賃金は、通貨で直接労働者に、
 その全額を支払わなければならない
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
と定められていますので、
修理代を給与から天引きすることは認められません。

ただし、社員の自由意思による同意書があれば、
給与から天引きすることも可能です。ぜひご参考ください。

▲