業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

ストレスチェック義務化法案とは何ですか?

ストレスチェック義務化法案が成立したといったニュースを見ました。
具体的にどんなものか?また、企業側としてはどのような対応が迫られるのでしょうか?

A

2014年6月。企業のメンタルヘルス対策の充実・強化等を目的として、
従業員数50人以上の事業場にストレスチェックの実施を義務付ける
「ストレスチェック義務化法案」が成立しました。

●ストレスチェック義務化法案により企業が実施することは、以下の通りとなります。
1.年1回のストレスチェックを実施(従業員50名以上の事業所は義務)
2.ストレスチェックの結果を労働者に通知
3.医師との面接を希望する労働者は、会社の管理部門等に申し出
4.会社は医師に面接実施を依頼
5.医師は労働者に面接指導を行う
6.医師による面接指導の実施結果を保存
7.会社は医師の意見を聞き、労働者の労働環境改善などを行う

※ストレスチェックの結果が思わしくない場合は、
 ストレスチェックを行った医師などが労働者の同意を得て、
 事業所に通知できることになっています。

●2015年12月末の施行までに、制度を円滑に実施するためには、
・ストレスチェック及びフィードバックの仕組みの構築、
・専門スタッフや産業医の確保、プライバシーの確保
・不調者や健康上の理由から配慮が必要な労働者への対応、
・チェック後のフォローアップ体制
・費用の措置等
が必要となるでしょう。

コメント一覧
さわっちさん
業種:ファッション|従業員規模:101~300名|投稿日時:2014/12/03 14:40
ストレスチェックをすることにより
メンタルヘルス教育のセルフケアに繋げていこうと考えています。ただ、会社が主催するものなので、人事に影響するのでは・・・と誤解される可能性があるので、注意して進めたいと思います。

▲