業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

定年を迎える社員からの再雇用希望を断ることはできますか?

当社の定年は60歳です。まもなく定年を迎える社員から再雇用の希望がでているのですが、断ることはできないのでしょうか。

A

2013年4月に改正された高年齢者雇用安定法により、原則として65歳までの雇用を確保するための措置を講じる事が事業主の義務とされています。65歳未満の定年を定めている場合には、次のいずれかの措置を講じなければならないとされています。

1.定年年齢を65歳まで引き上げ
2.希望者全員を65歳まで継続雇用する制度の導入
3.定年制の廃止

継続雇用制度を導入する場合は、希望者全員を対象とすることが必要です。
希望者全員とは、定年後も引き続き働きたいと希望する人全員ですので、ご質問のケースでは、ご本人の再雇用の希望を断ることはできません。ただし、就業規則に定められている解雇・年齢以外の退職事由に該当する場合には、継続雇用しないことができます。

継続雇用する場合は、1回の雇用契約期間を最長1年、満65歳までとし、賃金や勤務時間などの労働条件について個別の雇用契約書を締結するのが一般的でしょう。

▲