業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

地震の影響で休業した場合、休業手当は必要ですか?

当社の施設・設備は直接的な被害を受けていないのですが、地震により取引先や鉄道・道路が被害を受け、原材料の仕入、製品の納入等が不可能になり、労働者を休業させることになりました。この場合、休業手当を支払わなければならないのでしょうか。

A

労働基準法第26条では、使用者の責に帰すべき事由による休業の場合には、使用者は、休業期間中の休業手当(平均賃金の100分の60以上)を支払わなければならないとされています。ただし、天災事変等の不可抗力の場合は、使用者の責に帰すべき事由に当たらず、使用者に休業手当の支払義務はありません。

ここでいう不可抗力とは、(1)その原因が事業の外部より発生した事故であること、(2)事業主が通常の経営者として最大の注意を尽くしてもなお避けることのできない事故であること、の二つの要件を満たすものでなければならないと解されています。

今回の地震により、事業場の施設・設備が直接的な被害を受けていない場合には、原則として「使用者の責に帰すべき事由」による休業に該当すると考えられます。

ただし上記二つの要件を満たす場合には、例外的に「使用者の責に帰すべき事由」による休業に該当しないケースも考えられます。具体的には取引先への依存の程度、輸送経路の状況、他の代替手段の可能性、災害発生からの期間、使用者としての休業回避のための具体的努力等を総合的に勘案し、判断する必要があります。個別事象については、所轄の労働基準監督署にお問合せください。

▲