業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

36協定を締結していないと罰則はあるのでしょうか?

飲食業界では、36協定を締結していない企業が多いと聞きますが、実際のところ、結ぶ必要性はあるのでしょうか。また、結ばない場合についてですが、罰則はあるのでしょうか。

A

36協定を締結していないことが、ただちに罰則に当たることはありません。

36協定は、労働基準法で定められている、1週40時間・1日8時間を超えて働いてもらうことのできる時間を協定するのです。ですので、もし貴社には残業が全く無いということでしたら、締結する必要はありません。

しかし、36協定を締結せず、1週40時間・1日8時間の法定労働時間を超えて働かせると、労働基準法違反となり、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金が科せられます。(罰則が科される前に是正勧告が先にあることが、一般的ではありますが、絶対とは言えません。)

法定労働時間を超えて働いてもらうためには、36協定の届出は必須です。なお、労働基準法自体は、同居の親族のみを使用する場合などの、ごく一部の範囲を除いて、労働者を使用する全ての事業に適用されることが原則です。

▲