業務の「困った」をスッキリ解決! 人事労務Q & A
みなさんのご質問をお寄せください

人事労務に関するご質問に、エン事務局がお答えします。

Q

派遣社員を高い費用をかけずに直接雇用するには?

派遣社員の社員登用についてお尋ねします。紹介予定派遣以外の場合です。例えば1年位就業してくださっている優秀な派遣社員を社員に登用したい場合、派遣元の派遣会社とはどのような手続きをすれば良いでしょうか。<労働者派遣基本契約書>には、「派遣期間終了直後に雇用する場合は~、紹介手数料を支払うものとする」とあり、相応の費用を支払わなければならないような記述があります。

こちらとしてはあまり高い費用はかけたくないので、それが足かせとなります。派遣会社さんと良好な付き合いを続け、かつ、自社にとっても採用のハードルが高くない方法はあるものでしょうか。

A

契約書を交わしていらっしゃるとのことですので、そこを無視して進めることは企業倫理にもとる行為と言わざるを得なくなりますので、おすすめできません。交渉の余地としては、紹介手数料の料率があるかと思います。

一般的に紹介予定派遣の場合の紹介手数料は、年収の15~30%というあたりが主流です。また、派遣期間に応じた料率を設定している派遣会社もあります。この場合は、派遣期間が長いほど料率は低くなっています。貴社の場合は1年経過しているとのことですので、その派遣期間を鑑みた料率設定について交渉される余地があるかと思います。

また、これを機に、派遣会社との契約書の直接雇用に関わる事項を、貴社の対応可能な内容で結び直されることをおすすめします!備えあれば憂いなしです。

コメント一覧
日本ファーストの会さん
業種:フード、外食|従業員規模:301~1000名|投稿日時:2017/07/04 11:37
基本的にはルール違反です。それをやったら派遣会社から二度と取引をされなくなって、高い違約金(理論年収の30~35%)を請求されるケースがほとんどです。
派遣社員とは言え、長年居れば情が湧きますので、会社として直接雇用したい気持ちもあるでしょう。

一つ手立てとすれば、昨年の派遣法改正で「派遣期間の上限が3年」と決まり、それを超えた場合は、直接雇用に切り替えるか、派遣を止めるかをしなければなりません。3年待って直接雇用に切り替える場合は、違約金などは発生しないケースがあるので、そこまで待つのが妥当でしょう。

▲