アンケート集計結果レポート 実施中のアンケートへ プレゼント当選者発表へ
第56回「社員教育について」各社のOffJT取り組み状況を大公開!(実施期間:2010年5月25日~2011年6月21日、有効回答数:467名)
この回は「社員教育」、特にOffJT(日常業務外での教育)について伺いました。「OffJTを実施している」企業は67%。従業員規模50名以下の企業で46%に留まったものの、それ以外の従業員規模群では70~80%が実施しているという結果になりました。

対象者別の実施内容をみると、若年層への教育では「社員講師による集合研修」がやや多く、管理職・経営者向けの教育では外部利用の比率が高い、といった傾向が出ているものの、極端な偏りはありませんでした。各社、費用や効果、実施の容易さなどを考慮して、使い分けをしているようです。尚、どの対象についてもeラーニングを利用しているとの回答が10~20%程度あり、教育手法として定着してきている様子が伺えます。

OffJTに関する課題としては「時間がとりづらい」「効果が見えづらい」が上位に並びました。要因として考えられるのは、OffJTの必要性があいまいであったり、実施後のフォローアップが不十分であったりするケースです。“業務におけるどのような課題を解決するためのOffJTなのか”を明確にし、単発の学習機会で終わらせることなく、OJTと連携して定着・更なるレベルアップにつなげる運用が、OffJT活用のポイントではないでしょうか。
Q1.社員教育で、OffJT(日常業務外での教育)を実施されていますか?
a全体 はい:67%、いいえ:33%
b従業員規模別 1~50名:はい46% いいえ54%、51~100名:はい74% いいえ26%、101名~300名:はい74% いいえ26%、301~500名:はい79% いいえ21%、501名1000名:はい81% いいえ19%、1001名以上:はい81% いいえ19%
Q2.Q1で「OffJTを実施している」と回答された方に伺います。どの社員層に、どのような内容を実施されていますか?(複数回答可)
【新入社員】社員講師による集合研修:39%、外部講師による集合研修27%、外部研修に参加させる:20%、eラーニング:9%、実施していない:2%、その他:3%
その他の意見

新入社員には…

通信教育
エンカレッジ
自己啓発補助金
eラーニングは内定者の時に実施

中途入社者には…

通信教育
エンカレッジ

若手・中堅社員には…

不定期ながらフリーワークショップの開催
海外研修
エンカレッジ

管理職には…

自己啓発通信教育
通信教育
自己啓発補助金
エンカッレジ

経営層には…

自己啓発補助金
海外研修
個別にセミナー等参加

技術系社員には…

人事主導では行っていないが、専門技術が必要な部署は部署に任せている
自己啓発補助金
通信教育
海外研修

事務系社員には…

法令が改定された際に必要に応じて関連法規研修を実施
不定期ながらフリーワークショップの開催
通信教育
自己啓発補助金
個別にセミナー等参加

パートアルバイトには…

パート・アルバイトはいない
Q3.Q1で「OffJTを実施していない」と回答された方に伺います。実施されない理由は何ですか?(複数回答可)
OJT(日常業務における教育)で十分だから:47%、時間がとれないから:23%、自己啓発に任せているから:13%、社員の習得意欲が低いから:7%、何をしたらよいのか分からないから:7%、指導する人材が不足しているから:3%、予算がとれないから:0%、効果が期待できないから:0%
その他の意見
外の方々と会って実地で学ぶ事が一番効果が出ると考えているから。
ほとんどの社員が中途採用なので、特に必要性を感じていない。
人事関係の管理をする人が、知識がない為。
Q4.OffJTに関する課題についてお答えください。(複数回答可)
時間がとりづらい:57%、効果が見えづらい:48%、予算がとりづらい:37%、指導する人材が不足している:31%、社員の習得意欲が低い:21%、課題はとくにない:8%、何をしたらよいのか分からない:7%、その他:4%
その他の意見
OJTと連携して、きちんと習得・活用できるようにする必要を感じます。
対象社員の上長の理解を得にくい。
現状どの層にどのような教育が必要なのかの分析ができていない。
プログラムの選定、課題のクオリティ。
Q5.OffJTに支出した一人当たりの年間費用は平均どの程度ですか?
a従業員規模別【全体】費用はかけていない:10%、1万円未満:17%、1万円以上3万円未満:31%、3万円以上5万円未満、5万円以上10万円未満:10%、10万円以上30万円未満:7%、30万円以上:4%
b業界別【全体】費用はかけていない:10%、1万円未満:17%、1万円以上3万円未満:31%、3万円以上5万円未満、5万円以上10万円未満:10%、10万円以上30万円未満:7%、30万円以上:4%
Q6.今後のOffJTへの取り組み予定についてお答えください。
現状維持:43%、拡大:20%、縮小:2%、わからない:31%、その他:4%
その他の意見
拡大したいが制約条件があって理解が得られない。
経営サイドに認識がないから。
具体的な取り組み方法を検討した上で実施の当否を決定する。
必要性は感じているし、課題ではあるが、何をどの程度、どのようにやればいいのかわからない。
費用をかけてまで実施しない。

▲