アンケート集計結果レポート 実施中のアンケートへ プレゼント当選者発表へ
第47回「WEB上のスカウトについて」スカウトからの採用実績の有無や、今後の利用意向を大公開!(実施期間:2010年8月25日~2010年9月28日、有効回答数:465名)
この回は「[en]社会人の転職情報(現:エン転職)」などの求人サイトを利用しての「スカウト」について伺いました。スカウトを行ったことがあると回答された方は全体の54%。2006年の調査時より、5%減っています。そのうち、実際に人材を採用されたことがあるのは36%で、こちらの結果は、2006年の調査時より、3%減となりました。

今後の利用については、スカウト利用経験のない方は「利用しない」が48%だったのに対し、スカウト利用経験のある方は「中途採用には欠かせない」が7%、「積極的に利用する」が16%ではありましたが、こちらの結果も、2006年当時より、利用意向は低くなりました。リーマンショック以降、求人市場は長く買い手市場が続いており、わざわざスカウトまでして採用するニーズが薄くなっている上、人事サイドはむしろ人員削減されていることもあり、スカウトを行う人手やノウハウが少なくなっていることも考えられます。中には、わざわざスカウトするくらいなら、エージェントに依頼するというご意見もありました。
“スカウト”は、ピンポイントで求職者にアプローチできる新しい採用方法として登場しましたが、今のところ、一定の利用範囲は超えていないようです。
Q1.中途採用時にWEB上からの「スカウト」を行ったことがありますか?
ある:54%、ない:46%
【参考:2006年調査】ある:59%、ない:41%
Q2-a.Q1で「ある」と回答された方に伺います。利用されたのはどのような理由からですか?(複数回答可)
ピンポイントの採用にはスカウトの方が効率が良いため:31%、せっかく権利があるので、使わないともったいないため:27%、より可能性を広げるため:26%、一般応募しない人材に良い人材がいると考えられるため:18%、より多くの候補者の中から採用選考を行いたいため:15%、人材紹介会社を利用するよりコストダウンできるため:13%、採用市況が厳しくなって、待っているだけでは採用できないため:12%、営業担当者にすすめられて:11%、一般応募者の中に良い人材がいないため:11%、過去の募集でスカウトから採用できたため:6%、その他:1%
その他の意見
弊社が求める人材に近い方を採用できる可能性が高いため。
応募してほしい人材がいるかもしれないので。
自社求人を認知していないターゲット層へのアプローチ手段として。
弊社へ興味を持っていない方にもアプローチできる。
自社の求める経歴を持つ人を探したかった。
Q2-b.Q1で「ある」と回答された方に伺います。スカウトから採用されたことはありますか?
ある:36%、ない:64%
【参考:2006年調査】ある:39%、ない:61%
Q2-c.bで「ある」と回答された方に伺います。スカウトから採用された方の定着率や活躍度で、一般応募からの採用者との違いはありましたか?(複数回答可)
特に変わりはない:42%、入社後の戦力化が早い:37%、採用ポジションとのミスマッチが少ない:35%、定着率がよい:10%、社風に合っている:4%、その他:9%
Q3.Q1で「ない」と回答された方に伺います。利用されないのはどのような理由からですか?(複数回答可)
スカウトを利用できる機会がなかったため:43%、費用がかかるため:31%、スカウトするノウハウがないため:29%、一般応募の中に良い人材がいたため:26%、手間がかかるため:17%、人材紹介会社を利用した方が効率的であるため:17%、自分で応募する人材の方がよいため:13%、未経験者でよいため:7%、その他:9%
その他の意見
スカウトしたが、レスポンスがなかった。
よい人材がいなかったため。
スカウトで応募された方が案外当社とマッチしないため。
スカウトで来る人材には、肌に合わない人が多い。高飛車な感じの人が多い。
スカウトした方が必ずしも適していると判断し難いため。
過去に他の会社で利用したところ効果がなかったため。
特殊資格を有する人材を求めたから。
スカウトより、求人応募された方のほうが意欲があるように感じるから。
こちらから声をかけて不採用となった場合、申し訳ないから。
あくまで自発応募にこだわるため。
システムを使いこなせなかったため。
通常応募が殺到したため。
Q4.これからの中途採用において、貴社ではスカウトを利用されますか?
[全体/スカウトの利用経験あり/スカウトの利用経験なし]中途採用には欠かせない:4%/7%/0%、積極的に利用する:9%/16%/1%、利用する:32%/47%/15%、一般応募がない場合のみ利用する:28%/21%/36%、利用しない:27%/9%/48%
【参考:2006年調査】[全体/スカウトの利用経験あり/スカウトの利用経験なし]中途採用には欠かせない:12%/21%/0%、積極的に利用する:17%/26%/3%、利用する:32%/38%/24%、一般応募がない場合のみ利用する:19%/11%/32%、利用しない:20%/4%/41%
「中途採用には欠かせない」と回答された方の理由より
応募者は来るのではなく自分から声をかける時代だと思うため。
ピンポイントでのアプローチが可能であるため。
良い人材が潜んでいる為。
必要な人材がすぐに集まる。
待ちの採用ではいい人材は獲得できません。企業を活性化していくためには、いい人材を常に採用していかなければいけないと考えているからです。
「積極的に利用する」と回答された方の理由より
可能性を広げるためには必要であると考えています。
応募者の方に企業名で検索していただけるほどブランド力がないので。発見していただく機会が少しでも増えるならと思います。企業側から応募者の方にアプローチできる数少ない機会。
欲しい人材層にアプローチができるから。
掲載に気付いていない人材に気付いてもらうためにはスカウトは必須と考えているから。
権利があるのであれば使用しない手はない。応募者を待つより、弊社に適した人材を採用できる可能性があるため。
待っているだけではなく攻めの採用が行える会社が希望する条件にあった人材を絞り込める。
スカウトによるアプローチも効果的であるという実績があるため。
応募が多いのですが、スカウトはマッチングすることが多いので、利用をしたいと考えています。
待っているだけでは欲しい人材に入社してもらえないため。
条件項目が複数あり、必要な条件をかなり絞りこめるので、採用したい人材が選択しやすい。
「利用する」と回答された方の理由より
自社で求めている人材に、近い人材のため。採用の可能性を広げるため。
一般応募のみでは質が担保できないので。
いい人材であれば、どのような方法でも採用したいため。
優先度は高くないが、必要に応じて利用すると思う。
埋もれているかもしれない応募者の発掘のため。
利用したい理由としては一般応募よりスキルのマッチングが期待できるため。ただコストが予算以上であれば利用しません。
まだ採用実績がないのですが、新しい候補者を呼び込むよいツールだと思っています。
応募の数にもよりますが、できるだけこちらの条件に近いような方がほしいためと、その方々がどのくらいの人数いるのかを全体から把握したいため。
現在の採用環境では、応募者が非常に多く、その応募者の中からでも充分に採用できるため、スカウトには重きを置いていないが、チャネルを増やす意味でも有効な手法だと考えているため。
よい人材を採用したいため。またクローズド採用には適している。
スカウトで採用するためには、採用担当者の情熱が不可欠と考えるが、担当者が交代したため、積極的に利用して十分な成果が得られるか分からないため。
「一般応募がない場合のみ利用する」と回答された方の理由より
スカウトということについて、経験がなく、何となく難しそうで踏み込めない。
検討する、という程度に考えています。ポストに対して必要な人材が、それを通じて採用することができる、あるいはそれを利用することが望ましいと思われるのであれば利用します。
現状では一般応募のみで充足しているため利用の予定はありません。応募者が不足するような場合があればそのとき検討したいと思います。
スカウトは企業側からするとピントが合った人材に声掛けができるメリットがある半面、スカウトされた人間の入社意欲が一般の方よりも低かったり、最終的に採用に至らなかった場合、「スカウトされたのに不採用とはなにごとか!」と思われる方もいるので利用する場面を注意しなければならない。
スカウトするのは、対象者を選ぶ手間がかかるから。
募集する職種にもよりますが、「請われて入社」と「自分で捜して応募」では、入社後のメンタリティに違いが出るとおもわれるため。
コストがかかる、ノウハウが必要、本人の希望を優先しなければならない等の懸念がある。かなり専門的な能力を必要とする社員を採用しなければならない場合を除いては、一般公募としたい。
スカウトはその方の情報が少ないので、いざスカウトしてみると思った人と違ったということが多いから。スカウト待ちの方はWEB履歴書の記入の細かさが人それぞれ違い書類選考が上手くいかない。
前回利用した際、スカウトメールを作成するのに非常に手間がかかる割に、あまり効果を感じなかった。WEB上の内容では、良い・悪いの判断が難しく、スカウトメールを送って、実際に書類などを送ってもらった後、一般応募の人と一緒に書類審査をしたら、スカウトメールを送った人のほとんどが書類で不採用になったので、意味がないと思った。
「利用しない」と回答された方の理由より
利用しないをチェックしましたが、ノウハウがないためどんなものかわかりません。内容を理解し、利用できそうであれば、是非利用してみたいと思います。
スカウトは慣れない者にとって使い方が難しそう。
未経験でも可能しているため、スカウト(経験者)をピンポイントで採用するつもりはないため。
過去にうまくいかず、従来の人材紹介等の方が結果的にコストが安くついたため。
今のところノウハウがないので、他社情報も含めて確認した上でどうするか?決定したい。
一度はうまくいったが、なかなか当社の思うような絞り込みができない。またスカウトで採用した人で感じたのは、業界の固定観念・自身の成功体験に染まりすぎている。いっそ全く違う業種のほうが一からスタートできるので柔軟に対応できるように思う。
スカウトの仕組みがわからないため。
応募動機を明確にしてほしい為、自らの応募に期待します。
スカウトが必要であれば、はじめから人材紹介業者に依頼すると思う。

▲