社員が変わる。現場が変わる。エンカレッジレポート

vol.12:現場の声がスピーディーに社長へ!架け橋となった人事部の評価もアップ

社員一人一人の活躍と成長は、企業を次のステージへ上げていく上で、不可欠な要素。このコーナーでは、エン・ジャパンの人材活躍支援サービス『エンカレッジ』を効果的に活用して、成果を出された企業と社員の方たちをご紹介します!
今回は、実効シートに書かれた現場の課題に着目し、いち早くトップに上げて解決に導かれた事例をご紹介します。

エンカレッジ無料体験セミナー実施中。詳しくはページ下部をご確認ください。
 
レポート12:現場の声がスピーディーに社長に届き、営業課題が解決!
企業プロフィール

ユニフォーム専門メーカー/社員約120名

企画から製造、販売、さらにレンタルシステムまでを自社スタッフのコントロールのもと一貫してやり遂げる。独自の取り組みで競合他社と一線を画する、今現在も成長を遂げている優良企業。

受講者の声
営業部マネージャー K氏

講座で学んだことを自分のミッションに置き換えて考えられました。

「ランチェスター戦略セミナー」を受講したことで、自社の商品の強みや、競合への対策など、今後取っていくべき戦略を考えさせられました。私は、営業現場の責任者をやっている人間なので、今までがむしゃらにグループの目標必達に向けて突き進んできましたが、こうして改めて整理する時間を持てたことは、とても良かったと思います。そして、これまで抱えていた、『新人、若手の商品知識の低さ』という大きな問題を、なんとか解決していかなくては、と再認識したのです。

「実効シート」に改善アイデアを。すると人事がすぐに動いてくれました。

この「若手の商品知識」を強化していくために、『社内勉強会の実施』というアイデアを書いてみました。すると、社内の人事部長がそれをすぐに発見してくれ、「この提案を社長に上げてみますね」と、すぐに調整へのアクションを起こしてくれました。その後は、その人事部長が関連部署にも話を通してくれて、『若手営業社員向けの社内勉強会』が開催されることになったのです。自分が書いてみたアイデアがこんなに早く社内で実現できたことにとても驚きました。社長自身も、「これからも何かあった時は遠慮なく言ってほしい」と声をかけられ、組織がグッと近づきつつあるのを今は実感しています。きっかけは「実効シート」の内容でしたが、現場の喫緊の課題を理解し、その後、迅速な動きをしてくれた人事部に、本当に感謝ですね。
 
受講者の改善アイデア(実効シート)営業部マネージャー K氏
K氏の実効シート ※一部抜粋
 
営業MGが実効シートに「現場の課題」と「改善アイデア」を記入。人事部長はこれに着目し、すぐに社長に報告を行う!

社員が変わった「実効シート」って?

講座を受けた後に必ず書いてもらうのが、この実効シート。
講座で学べたことを活かして、
会社(自部門)への改善アイデアを書いてもらうことで、
会社が良くなるヒントが、社員から上がってくる仕組みを作ります!

 
人事の声
人事部長 M氏

社長に意見が伝わりづらい環境を、なんとか改善したいと思っていました。

規模がだんだんと大きくなるにつれて、社長に意見が言いづらい雰囲気がでてきました。社長のOもそれを悩みとしていたので、自分としては、社内で起きている課題や不満、そして意見などが、上に言いやすい環境をなんとか作れないだろうか?と模索していました。

そんな時に、エンカレッジを受講していた社員の実効シートを見てみると、多くの意見がそこに書かれていました。その中で、「社内勉強会を実施したい」という営業マネージャーの言葉に目を留め、その必要性の高さを感じて社長に進言してみたところ、勉強会を実施していく方向に決まったのです。その後も、新人・ 若手に向けた重要な勉強の場として位置づけられ、今でも定期的に開催されています。こうした声が出てきたら、また私自身が間に入って社内で共有できるよう動いていきたいです。
社長の声
代表取締役 O氏

現場の課題に気づくのが早ければ早いほど、対策も打ちやすい。

今回の「勉強会」の実施については、人事部長のM君がいち早く私に情報を上げてくれたことが何より大きかったと考えています。今までは、なかなか現場の課題が見えづらかったという状況が続きましたが、「実効シート」によって、タイムリーに現場の声が見えるようになったこと、そしてM君がその情報を私に上げてくれる橋渡しの役割を担ってくれたことで、経営・現場間の距離がグッと縮まったように感じます。

課題が見つかるのが早ければ早いほど、対策を講じるための時間と手段は増えますので、こうした仕組みを継続して機能させられるようにすることがとても大切であると考えています。課題の発掘から、解決の推進者となってくれている、M君に感謝ですね。
社員や現場が変わる仕組みが生まれる!?きっかけはこれ!!
~社員が変わる。現場が変わる。エン・ジャパンの人材活躍支援サービス~ en-college[エンカレッジ]

エンカレッジは、学びの場を提供するだけでなく、社員の意識を変え、組織全体を活性化させる、エン・ジャパン独自の人材活躍支援サービスです。

Point1:学んだことが仕事で実践でき、現場の改善までできる独自の仕組み!
<実効シート>
講座で学んだことをきちんと定着させ、会社への改善アイデアを生む仕組みをつくります。

① 学んだことを実務にどのように活かすか、行動計画を記入
② 学んだことをヒントに、会社への改善アイデアを記入

Point2:全社員が継続して学びを築ける、安心・満足のサービス!
<150種類以上の講座>
様々な役職や職種の方が興味を持てるテーマ設定。全社員が受講できます。
<90分の講座>
受講しやすい短時間設定だから、効率よく学ぶことができます。
<幅広い時間割>
平日の夕方や土曜日も受講できるから、業務に支障をきたしません。
Point3:企業の採用力アップにも貢献!
採用HPや求人サイトでエンカレッジについて紹介することで、充実した自社の人財育成の取り組みをアピールすることができます。
■ エン転職におけるアピール例
エンカレッジは、約6万人以上の受講者の方から、93%という高い満足度を頂いています。※受講者アンケートより
このコーナーのその他の記事

▲