社員が変わる。現場が変わる。エンカレッジレポート

vol.4:受講者のアイデアで会議時間が短縮!それが残業時間の軽減にもつながる!

社員一人一人の活躍と成長は、企業を次のステージへ上げていく上で、不可欠な要素。このコーナーでは、エン・ジャパンの人材活躍支援サービス『エンカレッジ』を効果的に活用して、成果を出された企業と社員の方たちをご紹介します!
今回は、エンカレッジで学んだことを業務改善に活かし、会議時間の短縮から、最終的に残業時間の軽減にまでつなげた企業の事例をご紹介します。

エンカレッジ無料体験セミナー実施中。詳しくはページ下部をご確認ください。
 
レポート4:講座で学んだ技法を取り入れ、毎日の会議時間が14%削減!
企業プロフィール

● 1989年設立 ● 社員数:約200名 ● 映像・ビデオ制作業

映像・音響の編集や制作を、多岐に渡るジャンルで手掛ける。目まぐるしく進化する映像技術の流れを素早くキャッチし、業界に先駆けていち早く最新メディアに対応したサービスを実現。業界内で確かなポジションを築きつつある、今成長中の企業。

受講者の声
営業部マネージャー Sさん

エンカレッジを、「社内の業務改善活動 (QR活動)」 に活かしています!

私たちの会社では、社内の業務改善を促進するために、QR活動というものを実施しています。今では4年目を迎え、半年に1回表彰の対象にもなっている、全社一丸となった取り組みとして大切にされています。そんな中、私が見ている営業部の課内では、「残業時間の多さ」という、非常に悩ましい問題がありました。そこで、自分の課では、「会議をもっと効率的に行い、業務改善を図る!」というテーマを掲げたのです。

受講した講座内容をヒントに、会議時間が14%も短縮!残業の軽減にも!

このテーマに向けて、エンカレッジの「ファシリテーション技法セミナー」を受講。ここで、会議をする目的やゴールを事前に共有することの大切さを知り、これを活用すれば自部門でも効率化に向けての成果が出るのでは?と気づきました。早速、学んだことを持ちかえり、会議の進行の効率化や、ストップウォッチで時間を測る、などの取り組みをすることで、なんと14%分の会議時間の短縮につながったのです!そして、この営業会議は毎日行われますので、この改善によって営業メンバーの「残業時間の軽減」にもつながるという、大きな成果も出てきました。「実効シート」のアイデアが、結果として自部門の生産性のアップや、効率化につなげられたことに、とても驚いています。
 
受講者の改善アイデア(実効シート)営業部マネージャー Sさん
Sさんの実効シート ※一部抜粋

社員が変わった「実効シート」って?

講座を受けた後に必ず書いてもらうのが、この実効シート。
講座で学べたことを活かして、会社(自部門)への改善アイデアを書いてもらうことで、会社が良くなるヒントが、社員から上がってくる仕組みを作ります!

 
教育・研修責任者の声
総務部長 Nさん

最初は、会社がエンカレッジの受講を推進。今では社員自ら学ぶ姿勢に。

私は、社員の自発的な学びへの姿勢を大切にしています。そのために、エンカレッジの受講を社員必須の取り組みとして、受講促進を行いました。最初は総務部が先導して階層別や役職別に推奨講座を決め、それを受けてもらうように声掛けをしていましたが、今では、業務に直結しやすい「アクティブリスニング」や「ロジカルシンキング」などの講座に、社員が自主的に受講する動きが見え始めたのです。徐々に自ら学ぶ意識が社員に芽生えてきてくれたことを、大変うれしく思っています。

学んだことが、実務に、そしてQR活動に活きる。

エンカレッジで学んだことをヒントに、それぞれの社員が「実務で活かそう!」という考えをもって受講してくれるようになったことは大きいですね。実際に、Sさんの営業部では、「会議時間の短縮」や、「残業時間の軽減」という実質的な成果にまでつなげているので、その評価は高いです。今年は、管理職に対して「部下育成」というテーマを意識するように、社内説明会で発表されましたので、一般社員だけでなく、ラインの上司たちも動き出して、組織として活気が出てきたように感じています。この先もエンカレッジを軸にしながら、社員の教育体制を強化していきたいですね。
社員や現場が変わる仕組みが生まれる!?きっかけはこれ!!
~社員が変わる。現場が変わる。エン・ジャパンの人材活躍支援サービス~ en-college[エンカレッジ]

エンカレッジは、学びの場を提供するだけでなく、社員の意識を変え、組織全体を活性化させる、エン・ジャパン独自の人材活躍支援サービスです。

Point1:学んだことが仕事で実践でき、現場の改善までできる独自の仕組み!
<実効シート>
講座で学んだことをきちんと定着させ、会社への改善アイデアを生む仕組みをつくります。

● 学んだことを実務にどのように活かすか、行動計画を記入
● 学んだことをヒントに、会社への改善アイデアを記入

Point2:全社員が継続して学びを築ける、安心・満足のサービス!
<140種類以上の講座>
様々な役職や職種の方が興味を持てるテーマ設定。全社員が受講できます。
<90分の講座時間>
受講しやすい短時間設定だから、効率よく学ぶことができます。
<幅広い時間割>
平日の夕方や土曜日も受講できるから、業務に支障をきたしません。
Point3:企業の採用力アップにも貢献!
採用HPや求人サイトでエンカレッジについて紹介することで、充実した自社の人財育成の取り組みをアピールすることができます。
■ エン転職におけるアピール例
エンカレッジは、約3万人の受講者の方から、93%という高い満足度を頂いています。※2011年11月時点の延べ人数。受講者アンケートより
このコーナーのその他の記事

▲