アンケート集計結果レポート 実施中のアンケートへ プレゼント当選者発表へ
第84回「人材紹介会社(転職エージェント)について」「人材紹介会社を利用している」42% 2012年調査時より利用する紹介会社数が増加(実施期間:2013年12月11日~2014年1月21日、有効回答数:442名)
今回は、人材紹介会社(転職エージェント)について伺い、全体の42%が「人材紹介会社を利用している」と回答しました。業種別では金融・コンサル、メーカーの利用率が高く、従業員規模別では規模が大きくなるほど利用率が高い結果となりました。

人材紹介会社の利用理由は「成功報酬なのでコストリスクがないから」、「自社にマッチした人材を選んで紹介してもらえるから」が挙がり、前回調査時(2012年7月)と大きな変化はありませんでした。

しかし、人材紹介会社の利用社数については、「4~5社」「6~10社」の回答合計が前回29%→40%と大幅にアップし、多くの紹介会社を利用する企業が増えている傾向が見られました。

その他、「どのような人材紹介会社に声をかけるか」「人材紹介会社に対しての意見・要望」についても伺っていますので、今後、人材紹介会社の利用を検討する際の参考にしてください。
Q1.貴社では、現在人材紹介会社(転職エージェント)を利用していますか?
【全体グラフ】
【業種別グラフ】
【従業員規模別グラフ
Q2.Q1で「利用している」と回答した方に伺います。何社ぐらいの人材紹介会社(転職エージェント)をご利用ですか?
1社のみ:7%、2~3社:43%、4~5社:23%、6~10社:17%、11社以上:10%
Q3.Q1で「利用している」と回答した方に伺います。人材紹介会社(転職エージェント)を利用した理由は何ですか?(複数回答可)
成功報酬なので、コストリスクがないから:64%、自社にマッチした人材を選んで紹介してもらえるから:61%、採用確率を上げるため(公募と併用):42%、スピーディーに採用を開始したいから:32%、以前、人材紹介(転職エージェント)を利用していて採用に成功したから:32%、公募では採用できなかったから:24%、マンパワー不足のため:20%、公募では採用できないクラスの人材を求めているから:18%、募集すること、募集内容を社内外に知られたくないため:7%、その他:3%
その他の意見
有資格者採用のため。
急な人材の補充。
営業に来た方の感じがよかったから。
Q4.Q1で「今まで利用したことはない」と回答した方に伺います。人材紹介会社(転職エージェント)を利用しない理由は何ですか?(複数回答可)
採用コストが割高なイメージがあるから:68%、求人サイトで採用できるから:43%、ハローワーク・縁故で採用できるから:24%、求人誌・新聞など紙媒体で採用できるから:18%、紹介される人材の質に不安があるから:16%、採用自体を行っていないから:5%、コンプライアンスに不安を感じるから:1%、大量採用だから:1%、その他:6%
その他の意見
必要性を感じていないため。
機会がなかった。
自社の方針が紹介に関してあまり良く思っていないから。
Q5.Q1で「過去に利用したことはあるが、現在は利用していない」と回答した方に伺います。今後採用活動をすることになった場合、人材紹介会社(転職エージェント)を利用されますか?
利用予定:26%、利用しない予定:26%、わからない:48%
Q6.Q5で「利用しない予定」と回答した方に伺います。利用しないと思われた理由は何ですか?(複数回答可)
採用コストが割高だったから:76%、紹介人材のレベルが公募と変わらなかったから:48%、依頼しても的外れな人材を紹介されたから:27%、採用した人材が入社後すぐに辞めてしまったから:18%、依頼してもほとんど紹介されなかったから:18%、採用した人材が活躍していないから:12%、採用予定がないから:12%、担当者とのやりとりが煩雑だったから:6%、採用までに時間がかかったから:6%、コンプライアンスに不安があるから:3%、その他:3%
その他の意見
採用までのコストをかけずに行うのが現場として指示されているため。
仕事内容に我流が多く、社内マニュアルに従って貰えない。
Q7.今後、紹介を依頼するとしたら、どのような人材紹介会社(転職エージェント)に声をかけますか?(複数回答可)
要望に合致した人材を紹介してくれる:83%、担当者とのやりとりがスムーズ:57%、人材をスピーディーに紹介してくれる:55%、担当者の知識・経験が豊富:42%、業界・職種などの専門分野が明確:37%、自社を熟知している:37%、求める人材をサーチ・ハンティングできる:33%、人材採用後もフォローしてくれる:27%、採用活動に対するアドバイスがもらえる:23%、コンプライアンスがしっかりしている:17%、過去に取引実績がある:11%、人事・労務に関する相談にのってもらえる:7%、知名度がある:5%、規模が大きい:3%、その他:4%
その他の意見
紹介コストが安価。
費用対効果が納得できる所。
紹介する人の面識があり、その上での紹介。
担当者がころころと変わらないこと。
Q8.人材紹介会社に対するご意見・ご要望がありましたら、お聞かせください。
コストが割安になれば、検討の可能性が出てくる。
採用難易度等により%をフレキシブルに対応いただけるとお願いしやすい案件もでてくると思う。
応募者の数で勝負するのではなく、質で勝負してもらいたい。
自分たち自身で気づいていない自社の良い点、悪い点を指摘していただけると助かる。第3者の目線で見た場合に、自社がどう映るのか、そこが採用では重要だと思ので、その点をどんどんご意見いただける会社さんが良い。
自社の現状(問題点も含め)を理解し、応募者様に正しく伝えてほしい。
個人情報で難しいのかもしれないが、履歴書内容に偽りがないかを確認して欲しい。社会保健の手続き時や年末調整時に発覚することがある。
紹介する人材情報をしっかりと把握し、表面上の入力したデータだけでなく、人となりがわかるような情報もできれば欲しい。
人材のスキル等を評価する使用期間がほしい。
ビジネスマナー等研修をしてから来てもらえると助かる。経歴には色々経験が書いてあっても実際に使えるスキルなのか、どのくらいのレベルなのか知りたい。
デメリット(他者賃金比較で低い場合等)は求職者に良く伝わっているが、メリットに誤解があったりと浸透率が低く感じている。事前インタビューを密に行ない、求職者の心理状態も加味した伝達を望む。
基本は入社後最低でも半年は採用者・会社もフォローしてもらうことが理想。実際に利用したことがないので一概に言えない、ある意味保険が必要な気がする。
企業向け担当者(営業担当等)が変更になることが多く、担当者によって紹介数・質にばらつきが出る。
必ず進捗状況を連絡してくれることが大事。
レスポンスよく返事をしてくれる紹介会社との取引が好ましい。
採用マンパワー不足を補ってくれる担当者がベスト。

▲